ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


タグ:時代劇 ( 7 ) タグの人気記事

道具を使わないカンタン帯結び


以前から、時代劇を見てて、いつも気になっていた。
町の庶民の帯、どうやって結んでるんだろう・・?

武家の妻女は丸ぐけの帯締めを使い、文庫風に結んでいる。

しかし庶民は帯締めは使ってない、帯枕も。
見かけは角だし風で、たらんとやわらかい。
時代劇のシーンでは、帯を解くとき、帯揚げは使ってるようだ。

だいたい毎日着るもので、生活着、普段着なのに、いろんな道具
を使うのは非合理的だ。

そういう目で浮世絵とかを見ると、昔はただ、ぎゅっと横に結ん
でるだけ、もちろんお太鼓結びではない。

色々本を読んでみると、お太鼓結びが始まったのは、江戸末期。
太鼓橋にちなんで芸者衆が結んだのが始まりらしい。
とするとお太鼓結びが庶民にも広まったのは、明治くらいかな。

今のようなスタイルになったのは、ほんの100年ちょっと前って
事になる。

なんだ、着物って歴史が長い、と思ってたけど、色々変化して
きてるんだな。
特に、今のスタイルになってルールが厳しいけれど、昔はすご
く自由奔放だ。

そりゃそうだろう、着る物なんだから、時代や流行があって当
たり前、そんなに堅苦しく考えなくていいのかも?

そんな時、リサイクルショップで芯の入ってない帯を見つけた。
芯のないくにゃくにゃの帯、どうやって結ぶんだろう・・

この帯を使って、何とか時代劇のような結び方ができないか、
試行錯誤してみた。

だいたい似た感じになるものの、いまいち決まらない。

そうだ!とばかりにネットで検索してみると・・

あるある。道具を使わない帯結び、というのがヒットしてきた。
目からうろこだった。

帯枕も、帯締めも、帯揚げも使わないで、きれいな角だし風に
なるのだ!
しかも簡単で軽い!芯がないと、とても軽い。

お茶や結婚式など礼装の時は、普通のお太鼓結びにすべきだろう。
帯締めや帯揚げの色を効かせて、おしゃれに楽しむのもいいもの
だし。

でも普段は、私はこれでもいいなぁと思う。

この方法をなでしこ会のみんなにも教えよう。
この結び方なら、着物をめんどくさく敬遠してる人にも、受け
入れやすいのでは?

そういえば、アンティークの帯って、芯はなくてやわらかい。
あの結び方をするためだったんだな。






[PR]
by tapestry15913 | 2017-09-10 14:52 | きものみち

仇討ち(あだうち)はつらいよ。


時代劇を見ていると、たびたび登場するテーマ、仇討ち。
親や兄弟や子供を殺された侍が、その相手に復讐をするというもの。
大名家の藩士なら、仇討ちを成さなければ、地元にももどれないし、
侍として生きる道はない。

今と違って、写真や情報網があるわけでもなく、見たことない人を
かたきと追うこともしばしば。
たとえ見たことあっても、何年も経つうちに容姿も変わるし、歳も
とる。
だいたい、どうやってあてもなく探すというのだろう。日本は広い
のに。

それで、何年も追いかけていて、ふと、相手の顔をもう思い出せな
いことに気づく。
または、旅の空に病んで、そのまま息絶える。
かたきの方が病死することもある。

でも、それも知らずに追いかけまわしている。

かたきを追ううちに食い詰めて、人殺しや盗賊になりはてたり。
もう最初からかたき討ちをあきらめて、坊主になって生きていく、
みたいな人もいる。

太平の世で、なにかのいざこざで人を殺めてしまったが、正当防衛
の場合もある。

自分が追う方だったらどうするだろう。侍を捨てて、町人になるか
なぁ。
見つけられるとは思えないもの。
反対に、追われる方だったら、やっぱり逃げるのかな・・

剣客商売で、古谷一行が演じた、“逃げる男” という話では。

秋山大治郎は、ふとしたことで出会った男と、お互いの素性など、
一切聞かずに、そばやで何度となく顔を合わせ、何気ない語らいを
楽しんでいた。

ある日、大治郎は、自分の親友の追い求めるかたきが、この男であ
ることに気づき、悩み苦しむ。

古谷演じる、逃げる男の方は、素性を隠し、住まいを転々として、
誰とも交わらず、さびしく生き延びていたのだ。

そんな折に出会った大治郎との、すがすがしい交流が身に沁みる。
一度得た心の安らぎのようなものを、また失うさびしさはより一層
体にこたえる。

追う方と追われる方では、どちらがつらいのだろう・・
というセリフが耳に残る。

何という残酷なしきたり。

でも理不尽だからこそ、ここからたくさんのドラマが生まれていて、
鬼平や剣客商売でも、印象深いエピソードがいくつもある。








[PR]
by tapestry15913 | 2016-09-03 09:11 | 映画 ドラマ 音楽 本など

「剣客商売」の渡部篤郎

日曜日の朝、まず玄関の犬を庭に出し、朝ごはんのしたく、と言っても
お湯を沸かして紅茶を入れ、卵やソーセージを焼いて、パンを温める。
今朝は、昨日買ったミスドのチョコファッションをパンの代わりに、食
べながら、時代劇チャンネルをつける。
9時から鬼平、10時から剣客商売。日曜日のルーティンです。

「剣客商売」・・鬼平に次ぐ池波正太郎の人気時代劇です。
藤田まことが素晴らしいのは言わずもがな、息子役の渡部篤郎は、演技派
ですが、これまた良くて。普通の演技もいいのですが、特に殺陣は本物の
剣客のようで(剣客を見たことはないけど)藤田まことの、たおやかでゆっ
たりとした剣とは対照的に、静かな水のような鋭い剣なのです。
藤田まこととの相性もいい。

剣客の役なので、相当訓練したものと思いますが、もともと剣道でもやって
たのかな?腰がしっかり落ちてて、動きに無駄がなく美しい。
にわか仕立てで、こう上手くはいくまいと思います。
その証拠に、剣客商売の今のシリーズでは、斎藤工が演じており、一生懸命
やってると思うけどいまいち。まだまだこれからです。

私は第2シリーズの「三冬の縁談」という話が好き。大治郎と三冬の恋模様
が繊細に描かれます。
三冬に縁談が持ち込まれる。剣客である三冬は自分と試合をして、勝った者
に嫁ぐと公言していたが、今回の相手は、大治郎も面識のある男で、三冬を
超える技量の持ち主。お互いを意識しながらも、ただひたすら修行を続ける
2人の一途な気持ちが、とても切ない。
ラストでは、鍛錬を続ける2人の元に、縁談が流れた、という知らせが届き・・
その時の大治郎の一瞬の間、ほっとしたような、また自分を戒めるような、
渡部篤郎の表情は秀逸です。

音楽もすばらしいのです。作曲は篠原敬介、第2シリーズまでのオープニン
グの曲は特にいい。編曲と楽器の使い方は見事です。

渡部篤郎は第2シリーズまで演じ、なんか事情でもあったのか、その後は藤
田まこと単独出演、第4から山口馬木也になります。
その後あまり見かけなくなり、ここ数年は復活してテレビなどでよく見かけ
ます。
白夜行や、草彅剛のドラマでチンピラみたいな役をしていましたが、相変わ
らずすごく上手い、はまり役でした。
最近は現代劇主体のようですが、是非また時代劇に戻ってきてほしい、あの
すばらしい殺陣を披露してほしい、役者さんです。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-03-31 00:07 | 映画 ドラマ 音楽 本など

時代小説とドラマ・・用心棒日月抄

孤剣―用心棒日月抄 (新潮文庫)

藤沢 周平/新潮社

undefine



今、時代劇チャンネルでは、藤沢周平の特集をやっています。
3月からはいよいよ「腕におぼえあり」の再放送が始まる。
私の大好きな「用心棒日月抄」シリーズのドラマです。
主演は村上弘明、小説の青江又八郎のさわやかなイメージにぴったり、
少し軽い仕上がりではありますが、比較的忠実に原作をなぞっていま
す。

私がこの小説に出会ったのは、人生に煮詰まって、何気なく手にした
時代小説にのめりこみ、特に藤沢周平を手当たり次第に読みあさって
いた頃です。

藤沢周平というと、市井もの庶民ものが有名だけれど、私は剣客ものが
好き、中でもこの用心棒シリーズは最高傑作だと思ってます。

最初に読んだのは、シリーズ2作目、「孤剣」でした。
1作目を無視して2作目から読むなんて邪道ですが、あまりに面白くて
一気読み、その後1作目、3作目、4作目と読み進みました。
2作目から読んでも、ストーリーは理解できるし、むしろ、この連作を
読むのにいい選択だった、と思えるくらいです。

藤沢周平にしては、少しくだけた感じのする娯楽小説ですが、それでも
第1作はまだまだ堅苦しく、2作、3作と進むにつれ、スムーズになり、
ユーモアにあふれ、そのリズムはグルーブ感さえ漂うほど。

もし、順当に1作目から読んでいたら、この堅苦しさを我慢して1作読み
きれたかどうか、自信ない。
私のように時代小説にあまり慣れていない方は、ぜひ第2作から読むこと
をお勧めします。

それにしても、4作目を読み進むうち、もうちょっとでこの世界とお別れ
なのか・・と物寂しくなり、自然とゆっくり読むようになりました。
それぐらい、この本にはまった。

これを読み終えて、あ~ドラマ化されたらいいのにな、ドラマ向きなのに、
と思いましたら、もうすでに、されている。

杉良太郎主演の単発ドラマ、それとこの「腕におぼえあり」です。

単発の方は、全体的に大急ぎで端折った感あり、いまいち。杉良太郎も
主人公のイメージと少し違うような気がします。

村上弘明の方は、NHKで作った娯楽作、全体的にユーモア感のある
軽い仕上がりです。

あれからもうだいぶ時間もたっているし、そろそろリメイクされてもいい
んじゃないか?と最近思う。

主演は誰がいいかな・・うーん、雰囲気だけなら、長身でさわやかな
TOKIOの長瀬智也、でも剣客の役なので、殺陣は必須、時代劇に出て
るとこ見たことないので、ちょっと無理かな。

もう少し若くてすらっとしてたら、真田広之とか堤真一とかは殺陣も上手、
でも30代くらいの人がいいのよね。

意外とむずかしいです。
今はちょっと思いつかないけど、青江又八郎にぴったりの役者さんがいたら、
NHKか鬼平チームみたいに時間とお金をたっぷりかけて、ぜひ原作のテイ
ストを生かして、この小説の魅力を存分に伝えてほしい。

今、時代小説はブームらしく、ドラマ化が相次いでますが、例えば高田郁
さんのみおつくし料理帖シリーズなど、NHKでじっくりとドラマ化されて
たら・・あれなど、料理ごとの読み切り形式で、ドラマにしやすいし、人情
ものだし、御宿かわせみ、みたいな看板ドラマになったはず。

まだドラマ化されていない、出世花シリーズも、NHKか、もしくは鬼平
みたいにお金をかけたチームでお願いしたいと思います。

高田さんの作品の中では、私は「銀二貫」が好きです。高田さんの得意な
人情ものでありながら、商売人の部分がとてもよく描けている作品です。

銀二貫をめぐる人との出会い、つながり、このお金が人を救い、巡り巡って
世の中を豊かにする、こういう風にお金がめぐって人を生かしていけたら
どんなにすばらしいだろう、小説ならではのファンタジーに憧れます。

これはNHKですでにドラマ化されてますが、ちょっと喜劇風にしてあり、
商売の部分にあまり焦点が当たってなかった、少し残念です。

小説のどこに焦点を当てるのか、これも映像化の面白いところでもあります。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-15 21:12 | 映画 ドラマ 音楽 本など

泥棒に退職金?そして病は気から・・

鬼平犯科帳を何度も見ていると、
盗人の引退をめぐるドラマが時々登場する。

その際に、問題になるのは、
手下に配るまとまったお金。
盗人のお頭も、従業員に退職金を渡す、
というのが盗人たちの掟である。

しかも、最後のおつとめ(押し込み)で、
従業員に退職金がわりのまとまったお金と、
自分の老後の資金を工面するのが、
決まり事のようだ。

~あのお頭が、隠居金を貯めていなさったとはね。~
と、あきれ顔のセリフを何度か耳にした。

つまり、お頭は、
みんなに配るお金も、自分の老後資金も、
こつこつ貯めてはいけないことになる。

盗み金は、次回の盗みのための準備や経費を差し引いて、
みんな分配してしまうのだろうか?

お頭の仕事は、大変な能力を要求される。
お金のありそうな店に目星をつけ、
手筈を整え、手下を二、三年引き込みに入れて
様子を伺い、機を見て、盗みを実行する。
その際、お店の人に危害を加えず、
気づかれもしないように。
しかも、その店が潰れるような盗み方はしない。
一癖も二癖もある手下をまとめるだけでも、
器の大きさが求められるというもの。

これだけの能力があれば、
他の仕事でひとかどの人物に成れそうだ。

また、泥棒から足を洗って、
かたぎになりたいという者あれば、
支度金みたいなお金を渡し、
スムーズに仕事ができるよう計らう。

もっとも、これらは昔ながらの掟を守る
大盗賊のお頭の場合だが。

話変わって、
鬼平にとても忘れがたいエピソードがある。

ある同心(佐藤B作だったと思う)が
盗人を追跡中に頭を殴られ、記憶を失う。

しばらくたって発見されたが、
自分の名前も仕事も家族も覚えていない。

奥さんも耐えられなくなり、離縁。

記憶を失う前は、心臓の病を気にして、
暗く、神経質な人だったのに、

記憶喪失で、病気のことも忘れ、
明るくおしゃべりになり、
すっかり元気になった、
おまけに若い後添えまでもらい・・

というお話。

病は気から・・
そんな言葉があるのは知っていたけど、
病は病でしょ、と思ってた。

気にするのが一番いけない、
ということですね。

明るく楽しく。
これがなかなか難しい。

鬼平を見ていると、色々勉強になります。




[PR]
by tapestry15913 | 2015-12-27 12:18 | 映画 ドラマ 音楽 本など

時代劇のごちそうランキング

時代劇を見ていると、
特に、鬼平や剣客商売の中で、
はっとするほど美味しそうなものが、
たびたび登場します。
私のお気に入りをまとめてみました。


1・はまぐりの湯豆腐(剣客商売)
    夫婦で外食に出かけようとしたその時、
    佐々木三冬がはまぐりのおすそ分けにやってきた。
    おはるさんはしぶしぶ料理を・・
    まず、はまぐりの湯豆腐、残りは、深川めしに。
    うまそー。
    なかなか、はまぐりは手に入らないので、わが家では、
    湯豆腐に牡蠣を入れます。
    出汁が出て美味しい上に、何だか疲れもとれる気が・・

2・菜飯(鬼平)
    大根やかぶの葉を熱湯にくぐらせ、塩をまぶしたものを、
    炊き立てのご飯に混ぜる。
    緑色が目にも鮮やかで・・大根の葉っぱが主役になるんです。
    きれいな葉っぱのついた大根を見つけると、菜飯にしよう!
    と、うれしくなる。
    おにぎりにしても美味しい。
    
3・なめろう(鬼平)
    鬼平に出て以来、ずっとあこがれの食べ物。
    あじのなめろうを是非食べてみたい。うまいに決まってる。

4・貝柱のかき揚げそば(鬼平)
    鬼平の友人だったと思うが、ここのかき揚げそばが懐かしい・・
    みたいなセリフがあった。
    そば好きとしては、外せない。 

5・どじょう鍋(鬼平)
    東京の下町の方では、老舗のどじょう料理屋があるんでしょうね。
    一度食べてみたいです。
    たしか、鬼平の昔の女(山田五十鈴)が登場。どじょう鍋で、
    いっぱいきゅーっとやる・・場面だったと思います。

6・鴨めし(剣客商売)
    おはるの作った鴨めしをふるまわれた老人は
    体をこわしていて、少ししか食べられなかった。
    鴨の油は体を温め、栄養もあるけど、
    病人にとっては、それも重い。
    鴨めし、うまかったよ、
    過去の罪に苦しむ、大滝秀治の演技も秀逸。

7・はぜの甘露煮(剣客商売)
    おはるの得意料理。
    白ご飯がすすみそうなおかず。
    昔はいろんなものを食べていたんですねぇ。

8・鮎めし(鬼平)
    食べたことないけど、美味しいに決まってる。
    米をたくさん食べると、よく眠れるそうです。
    鬼平を労わるひさえのセリフ。

いろんな材料を、大事に工夫して食べる。
日本は自然の豊かな国だな~と思います。





[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-14 08:49 | 映画 ドラマ 音楽 本など

きものみち~梶芽衣子の着物~

鬼平や剣客商売の着物は、その人の
人となりや生活をよく表現している。

特に、梶芽衣子の着物姿が美しい。

鬼平でのおまさ(梶芽衣子)は、よく
縞や格子の紬を着ている。
密偵なので、目立たないようひかえめだけど、
若いシャープな色合わせを、きりりと
着こなしている。
鬼平から、~おまさ、いい女だな~
とたびたび言われる。
ごもっとも。


剣客商売のおもと(梶芽衣子)の時は
シックな色合いの着物、
模様は、一見無地っぽい小さな柄が多いかな、
それにメリハリのきいたはっきりした帯を
合わせている。
半襟の色もいい。

おもとは、中年の船宿の女将なので、
着物と顔のつなぎとして、
よく計算された半襟。

やわらかいクリーム色だったり
グレーっぽかったり。
淡いピンク色だったり。

さすが、女優さん。
密偵のときの影のようなものは
一切なく、ゆったりとたおやかに
着こなしている。

そして、さすが、衣装さん。

手の込んだ時代劇は、
衣装を見るだけでも、
うっとり楽しいものです。













[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-06 20:41 | きものみち