ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


<   2016年 05月 ( 22 )   > この月の画像一覧

ずぼらなガーデニング~あじさいの七変化~


ガーデニングの好きな友達から、あじさいの苗をもらいました。
ピンクのあじさいは他にもあるし、丈夫で育てやすいから、
とのこと。
枝を切りつめて、根っこは植えやすいように巻いてありました。

早速、庭の一角に植えつけると、翌年、すくすくと葉を繁らせ、
花開いたら・・

なんと青いあじさいでした。

あれ、聞き違い?
ピンクと聞いた気がするけど。ま、青も涼しげでいいか。

あまちゃも青い花で、湿気の多い梅雨の時季に、すがすがしい
花が2種、とても気に入っていました。

あんまりきれいなので、ある日会社に飾ろうと、切り花にして
持っていきました。

この青、涼しげでいいね、と会社の同僚はすごく気に入って、
花が終わった後、茎の部分を、家に持って帰って、さし芽した
そうです。

そしたら、翌年花が咲き、何と、ピンク色だったらしいのです。

そうして、そのピンクのあじさいを切って、会社に持ってきま
した。

確かに・・きれいなピンク色。

本来、ピンクだったけど、うちの土は酸性で青くなった、
で、同僚の家の土はアルカリでまたピンクにもどった、
ということでしょうか。

あじさいの七変化。
本来は、花の咲き始めと終わりごろに、花の色が変化していく
ことを言うのでしょうが、この見事な変化にちょっと感動。

今では、会社の鉢植えになって、毎年、梅雨の雨の中、きれい
なピンク色で私たちを和ませています。(会社の土でもピンク)

うちの青いあじさいは、犬を飼い始めたために、(犬が踏んだり、
いたずらしたりで)いつの間にか、いなくなってしまいました。
ほんとにごめん。

あまちゃは、相変わらず、うっとうしい季節を、涼しげな青で
彩っています。


d0339331_08051547.jpg



















これは、おたくさ、という品種。花が少しまるっとしています。
会社では青ですが、わが家ではピンクだったような・・??
何が何だかわからなくなってきました。。
d0339331_08052092.jpg























[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-31 08:11 | ずぼらなガーデニング

「続あ、うん」


GWが終わっても、しばらくは、「続あ、うん」のDVDを見ていた。
「あ、うん」では、親友の奥さんに惚れながら、指1本触れず、その
親友とも、人には説明できないような、深い絆で親交を続けている、
微妙な三角関係の中年男女のエピソードがつづられていた。

続編では、その三角関係に終止符が打たれようとする。
これ以上、親友の妻への不毛な愛にのめりこんだら、抜き差しなら
ないことになる、と感じた杉浦直樹は、突如、フランキー堺に酒の
席で、因縁をつけはじめ、けんか別れになるよう仕向ける。

絶交を言い渡したフランキーだったが、その真意を推察して、それ
をそのまま受け入れようとする。

一方、2人の絶交を聞かされた妻や娘は、夫に従うものの、寂しさを
隠せない。
娘の表現では、「おじさんがいないと、火が消えたよう」
当人たちも、週末ごとにすることもなく、酒の相手もなく、抜け殻
のようにぼんやりしている。
杉浦は、恋を諦めるさみしさより、友をなくすダメージの方が大きい
ような・・
フランキーも、妻に惚れられているストレスより、心を許せる友人を
諦めることができるのか。

ここら辺で、私は、ウッディアレンの「世界中がアイラブユー」って
映画を思い出した。
ウッディとゴールディホーンは元夫婦、今は親友の妻となったゴール
ディだが、今でもウッディとは仲がいい。
セレブのボランティアや、前科者に惚れる娘や、様々な人をシニカル
に描いた群像?っぽいコメディ、しかもミュージカル、ゴールディ
ホーンの歌声は美しく。
そのラストシーン、クリスマスだったか、今の夫(多分アランアルダ)
が体調を崩し、ウッディとゴールディは2人で出かけることになる。
あいつはいいやつだ、彼と再婚して正解だ、と親友のことを褒める
ウッディに、ゴールディはこう言います。
「だけど、いつも笑いを届けてくれたのは、あなただったわ」

夫としてはダメだったけど、友達としてつきあうには、楽しくて周り
をぱっと明るくする人、
杉浦直樹も、妻を泣かせ愛人を泣かせ、そして親友の妻に惚れている、
だけどみんなから好かれている、みんなを明るくする。

かけがえのない友人を失いかけて、2人の男たちは、さみしく切なく
おろおろして。

こんなことを続けていてどうなる?
どうにもならないのです、ドラマでも、現実でも。
なんとも言えない宙ぶらりんのまま、終わり。

三角関係とは別に、亡くなったおじいちゃん(志村喬)の山師仲間の、
いたちと金歯(すごいネーミングセンス)もまだ出てきて、いい味出し
ます。
生きている間は父親と口をきこうともせず、うさんくさい、イタチと
金歯を毛嫌いしていたフランキーですが、亡くなった途端、彼らを招
き入れ、お小遣いを渡したり、ある意味、おじいちゃんの供養をして
る感じ。

お小遣い目当てに、お線香をあげに来る彼らも、たまたま孫娘の急場
を助けたり。それは、多分まじめに生きてる人では、出てこないよう
な、危ない橋を渡ってきた彼らなりの、セリフなのです。

また、こんな深いドラマ見たいな~

ともかく今夜はクドカンの「ゆとりですがなにか」を見よう。
向田ドラマとは、一見おもむきは違いますが、どこか似ている。
笑えるだけじゃない。
何を隠そう、熱烈なクドカンファンです。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-29 15:31 | 映画 ドラマ 音楽 本など

ずぼらなガーデニング~桜ラン~


d0339331_08331866.jpg


















こちらは桜ラン。今年もたくさんの花をつけました。
地味なピンク色、ちっちゃいつぶつぶ状の花、丈夫でほっといても
たくさん咲きます。ちょっと残念なのが、葉っぱです。
つる性の枝に、まばらな硬い葉っぱをつけて、少し間延びした感じ。
つるは勢いよく伸び放題になり、ぐるぐるまきついてます。

きれいな花なので、と同僚が会社に持ってきたとき、なかなか花を
つけず、どんな花なのか心待ちにしていました。
最初の花は、そりゃ素朴で、清楚で、きれいね~と感激。

ところが、じゃんじゃん咲き始めると、薄情なもので、そんなにい
っぱい咲かなくてもね、となり、段々暑苦しく感じます。
とにかく咲きだすと、狂い咲きのように、次から次からとめどなく
花をつけるのです。栄養も何もやってないそうですが、強健な品種
のようです。

それと、この桜ランには、難点が・・
花をつける前、5月のちょっと暑いなって時季になると、決まって
黄色いアブラムシが発生すること。

鮮やかな黄色で目立つし、薬をまいても、木酢液をまいても、減る
ことなく樹液を吸い尽くす。

このアブラムシ、よそでは見たことありません。ほんとにどこから
やってくるのか、5月になると、いきなりふってわいたように現れ
ます。
アブラムシって土の中にいるんでしょうか?それとも、どこからか
飛んでくるのか?

同僚の話によると、彼女の家の桜ランにも、同じようなアブラムシ
がセットのようにいるらしく、ところが、実家の桜ランにはいない。
(彼女の家は会社の近くです)
土地柄なのか?

外に出すと、アブラムシまみれになるので、今では、鉢植えを室内
の窓際に置いています。
そうするとアブラムシも来ない。やっぱり飛んできてるのかな。

鉢植えは、もう植え替えしなきゃならないほどの大きさに成長しま
したが、植え替えたら、またすごく成長するだろうし・・・いたち
ごっこな気がする。
褒めて伸ばす、これ植物にも当てはまるそうですが、褒めたらまた
どんどん咲くだろうし。

いやいや、折角咲いてる、今が褒め時。
花が終われば、葉っぱは地味で、ほとんど忘れられた存在になる。
面倒な世話はすべて同僚がやってくれているので、せめてちょっと
褒めてあげよう。
ずぼらでも、それはできますから。

桜ランのような強健な品種って、押しの強い人とつきあってるよう
な気分。
少々、腰が引けてます。





[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-27 08:01 | ずぼらなガーデニング

ずぼらなガーデニング~植木屋さんの仕事4~

植木屋さんが逝かれて、早速、これから手入れはどうするのか、
隣の奥さんと色々話しました。
お隣も、うちの手入れを見て、同じ植木屋さんに頼んでいました。

お隣は、以前○○造園に頼んでいたが、がっつり切られるので、
ほとほと困っていた、

そこで、切りすぎないように、つきっきりで口を出すが、花が咲
かなかったりする、

常々うちの庭の手入れぶりを見ていて、ちょうどうちに手入れに
来た植木屋さんに、うちもお願いしますと、声をかけたそうです。

ところが近年、体調を崩されて職人さんだけ、来てもらっている
が、やはりいまいちと感じている。

ほぼ、うちと同じ経過をたどってます。

ただ、以前の○○造園はひどかった、というのを聞くと、専門家
に頼んでも、うまくいかないことがあるんだな。

技術に差がある、ということでしょうか。

うちは今年は、通りがかりに営業に来た、見ず知らずの造園会社
に頼んでみました。

よく打ち合わせをして、切りすぎないように、自然な樹形を大事
にして、と口を酸っぱくして言いました。
(口うるさいおばさんです)

仕事ぶりは・・

夕方、帰宅してみると、まぁまぁでしょうか。

切りすぎてはいない。丸く刈るつつじなども、歪んではいない。

見積もりを出したり、どうだったでしょうかと様子を見に来たり、
人柄は良さそうです。

今年は思い切って、大きくなりすぎたやつでとソテツを処分する
ことにしたのですが、
その時、長いこと生きた木なので、お米とお水を供えてから伐採
していました。

なるほどな~と感心。
私も、今までありがとう、と手を合わせました。

その後、何となくもやもやしていた違和感ははっきりとしてきま
した。

少し時間がたつと、逆さ枝や不要な枝が目立ち始め、えごなどは
強剪定した部分から、さらに枝が勢いよく伸びてる。

どうしてこの枝を残してる?
形が変だと思わないのか?
しょうがなしに、つつじは自分で丸く刈り直しました。

つくづく、前の植木屋さんて、すごく技術の高い人だったんだと
身に沁みました。

自分はずぼらなのに、植木屋さんにばかり高いレベルを要求する
って、どうなの?とは思いますが・・

さて、これからどうしようか?
近所のガーデニング好きな友人に、紹介してもらうか、
植木の里、古賀の職人さんを紹介してもらうか、
どっちかになりそうです。






[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-25 17:54 | ずぼらなガーデニング

松乃家 閉店


長崎市の繁華街にある、うどん屋さん、松乃家(まつのや)。
5月いっぱいで閉店になると聞いて、週末に行ってきました。
開店5分前でも、もう行列ができてる。

松の家といえば、店の前を通るとただよう、かつおだしのいい匂い。
細くてつるつるっと食べやすい麺。
注文したら20秒ぐらいで出てくるうどん。
相席は当たり前、お水の入ったプラスチックのコップは、ガサガサ
の傷が入っていて・・あまり愛想のいい店ではありません。
雰囲気は雑なんですが、味は一貫して守られています。

とにかく待たされないので、ちょっと買い物帰りとか、時間ない時
とか、小腹がすいた時とか、よくお世話になっていました。
子供の頃は、外食と言えば松乃家。
ここのうどんで育ったと言っても、過言ではない。

小学生のころ、父が口の中をケガして、松乃家のうどんしか食べた
くない、というので、毎日鍋をもって、うどんを買いに行かされて
ました、近所に住んでたので。

調子が悪い時にも食べたくなるような、喉越しのよいうどん。
だしは、しっかりきいた味です。
そうそう、この味。久しぶりのうどんと押し寿司。
回りの松乃家ファンの皆さんも、この味を惜しむように、美味しそ
うに食べていました。

うどんといえば、長崎には知る人ぞ知る、五島うどんがあります。
細くて、こしの強いうどんです。
あごだしで食べても、鍋物に入れても美味しいですが、私のお勧め
は地獄炊き(じごくだき)です。
  大鍋で麺をゆで、そのまま鍋ごと食卓に出す
  麺つゆなどにつけて食べる
とても簡単で美味しく、しかも、こしが強いので麺がのびることも
ありません。
(日本一美味しいと自負しています)
そういえば、ピーターさんは、五島うどんをお気に入りとか。

さて、長い歴史の松乃家ですが、なじんだ味が消えていくというの
は、さみしい気がします。
昭和は終わったって感じ。(終わってるんだけど)
最近は、あんまり行ってなかったのに、勝手な言い分です。




d0339331_20352913.jpg





















[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-22 19:35 | 日常

スティーブマックイーンつながり


先日見に行った、午前十時の映画祭。
パンフレットに写ったスティーブマックイーンがすばらしい、
とか、ゲッタウェイ必ず見に行きたい、とか。
映画に何の興味もない、長男をつかまえてしゃべっていたら、
「スティーブマックイーンて、CDあるよね」と言う。

あ~PREFAB SPROUT(プリファブ スプラウト)のアルバム
にあったね、たしかに。
プリファブ~は西部劇ファンらしいので、その流れでスティー
ブ~ってタイトルなのかな。

私が初めてプリファブ~を聞いたのは、25年ほど前だったか、
「スティーブマックイーン」だったと思う。
いっぺんで好きになり、その後のアルバムもすべて購入した。
最高傑作は JORDAN:THE COMEBACK と言われている。
その中の、CARNIVAL 2000 という曲は、印象深い。
今すぐ、車のコマーシャルに使えそうな曲なのだ。
この曲を聞くといつも、砂漠を駆け抜けるランドクルーザー
の映像が浮かんでくる。

個人的には、THE GUNMAN AND OTHER STORIES という
アルバムが好き。
理由は簡単で、女性コーラスがなくなって、彼らの良さが、
ストレートに伝わるから。

このアルバムは、西部劇をモチーフに作られたらしいが、どの
曲もよくできてて、実にシンプル。
西部劇の映画にこれらの曲が流れたら、さぞかっこいいだろう
と思う。
やっぱりあのコーラスはない方がいいね、と長男も同じ意見。

プリファブ~は、私の好きなスティーリーダンのフォロワーと
も評されている。やっぱり好きな物って似てるんだろう。
しかし、プリファブ~いわく、彼らはスタジオに入る前に全て
が完璧にできあがっている、自分たちはタイプを打つ猿だ、と
雑誌のインタビューで答えていた。
スティーリーダンと比べると、ちょっとそんな気がしないでも
ない。

長男の好きなのはゲーム音楽だが、70~80年代の洋楽も好きで、
まるで、青春ドンピシャ、洋楽世代、50代のおじさんおばさん
みたい。
彼の話によると、カラオケには洋楽もかなり揃っているという。
プリファブ~も少ないながらあるし、ベンフォールズなんかも
あるとか。
へぇ~そんなのも。でも歌えると?あの早口。
大体、その辺の洋楽って、難しくて歌えないよ。

カラオケ、あまり行かないけど、エリックカルメン(ラズベリー
ズ)もあるというので、ぜひ私も歌ってみたい、今日この頃。
 go all the way~♪






[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-22 09:30 | 映画 ドラマ 音楽 本など

ドッキングワンピ いまいち・・



d0339331_20345765.jpg


















息子が着ないという麻のシャツ、うぐいす色のギンガムチェック、
ほとんど着ていないらしい。
もったいないし、これに別の生地を合わせて、何とかワンピース
にできないか、試行錯誤しておりました。

カーキのリネンとか、ちょっと大きなギンガムチェックとか。
どれもうまくいかず、明るめの紺色のデニムなら、どうにか合い
そう。
シャツはウエストのところでカット、スカートの部分に、少しギャ
ザーを寄せたデニムをくっつけます。

縫いつけてみると、いくら軽めの8オンスデニムでも、やはり重さ
で、ドーンと引っ張られる感じ。

そこでウエスト部分にゴムテープを通して、ブラウジングできる
ようにしてみました。


d0339331_20350585.jpg






























あー、なんか思い描いたのと違う。

試着してみたら、麻のシャツとデニムのスカートを着てるって感じ
です。
イメージ通りに作るって難しい。

せっかく作ったので、ホームウエアとして、じゃんじゃん着ます。
近所の買い物や、犬の散歩ぐらいならオッケーでしょう。







[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-16 20:51 | handmade

夏のブラウス



昆布尚子さんの本に、~一生かかっても使い切れないほどの布地を持って
いるのに、また性懲りもなく、骨董市に行ってしまう~という記述があり
ます。

プロの方でもそうなのか・・

私の場合、生地を買っても、洋裁の技術がないために、あれこれパターン
を迷ったり、縫うのに時間かかったりで、生地を買うスピードと消費する
スピードがかみ合わず、生地はたまる一方。

それなら、生地を買わなければいいのですが、まさに性懲りもなく、ふら
ふらと吸い寄せられるように、リサイクルショップや生地屋さんに出かけ
てしまう。

そして、おとといもまた、仕事帰りにリサイクルショップに引き寄せられ、
うかうかと浴衣と絽の着物を買ってしまいました。
浴衣は、紫がかった紺色に、白い小さな銀杏の葉っぱが、小紋風に散らば
っています。しつけ糸がついて新品、1,500円なり。
色目がパキっとシャープなので、夏のワンピースにいいんじゃ?

絽の着物は、米印みたいな模様が一面に広がった、ブルーグレー。
絽は透けるので、すとんとしたチュニックに。ワイドパンツやサリエリな
んかと相性良さそうです。

もう出来上がりをイメージしてしまい、購入に至りました。

ルンルンと上機嫌で家に帰れば、ピンタックブラウスを縫おうとして、ア
イロンで印をつけた、黒の銘仙を広げたまま。
それと、息子が着ないという麻のシャツを、デニム生地とドッキングワン
ピースにしようと、それも広げたまま。

あ~こうして部屋はますます散らかります。
生地もどんどんたまる。
そうすると、追い詰められた心境になり・・・
ハンドメイドが楽しめなくなる。

handmadeつづれおり、というタイトルなのに、あまりハンドメイドして
ないな~と思います。
そもそもブログを始めたのは、つたない作品ながら、作った物を人に見て
ほしかったから。
始めてすぐに気づきました。そんなにたくさん作れない・・。
そこで、近年作ったものなど、ぼちぼちアップしています。

このブラウスは、シルクリネンの生地を、去年の夏、ブラウスにしたもの。
W巾で2,000円と、ちょっとお高めだったので、1mだけ買い、どうして
も作ってみたかった、そでフリルのブラウスに。
パターンはなく、別の生地で試作をして、どうにかできました。

写真ではわかりにくいですが、落ち着いた黄色、なめらかな落ち感のある
リネン、シルクも少し入っているので、上品な光沢あり。

夏のお出かけに活躍しています。


d0339331_09320494.jpg




















[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-15 15:12 | handmade

ちりめんのブラウス2枚



d0339331_09314391.jpg


















これらは、2年前、初めて着物をリメイクした記念のブラウスです。

左のグリーンブルーの方は、錦紗ちりめん(?)の羽織から。
リサイクルショップでこの羽織を見つけたときは、色といい、生地の
手触りといい、一目ぼれでした。
薄手で柔らかい生地、少ししぼがあり、好きな色、ちょっと色やけが
ありましたが、迷わず購入、800円。
この値段なら、失敗しても惜しくない。

少し前に購入した本「着物地でシンプルスタイル」(昆布尚子著)。
この本を買ってからというもの、着物をリメイクして服を作りたい、
熱に浮かされ、リサイクルショップをぐるぐる巡っていたのです。

初めて、着物をほどき、手洗いし、ブラウスを縫いました。
着物地は、滑って縫いにくいのでは?と思っていたけど、そんな事
はなく、普通に縫えて、しかも好きなタイプのブラウスが完成。
いかにも着物って感じもなく、コーディネートもしやすい。

大体うまくできたので、勢いづいて、2枚目も縫い上げました。
こちらは、小花模様のちりめんです。

着物地には珍しい小花柄。私にはちょっと、かわいすぎる気がしない
でもないけど、小さなブラウスなら着られそうだし、色もグレーぽい
シックな色合い。

初めての着物リメイクは、まずまず満足。
てろんとした着物地を使えば、少々洋裁が苦手でも、出来栄えもよく
見えます。


よく見ると、ところどころにしましまが・・
d0339331_09314928.jpg




















ひし形にランダムの菊?マーガレット?
着物としてもかなり私好みでしたが、裄丈が合わず、リメイクへ。
d0339331_09315502.jpg























[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-14 16:30 | handmade

30年選手~


d0339331_21340136.jpg



























これは35年くらい前のスカート。
短大の入学用に買ってもらったものです。(短大って言葉、今もある
のかな?)
薄手のシャンタンのような生地に金色の刺しゅうが施され、ウエスト
でリボンを結ぶようになっています。ひざがちょうど隠れる丈。
入学式では、これに白い綿サテンのブラウスを合わせて。

よく大事に着てきたもんだ。

しょっちゅう着るわけじゃないけど、今でも、なんかのお呼ばれとか、
ちょっときれいな格好をするときに、黒いセーターなど合わせて着て
います。
ウエストは一部ゴムになってるので、今でも着れるのです。
生地はどこも傷んでいません。化繊だから手入れもほとんどなし。
楽ちん、楽ちん。

35年、改めて言葉にするとすごい。
これからも大切に着ていこうと思います、着られる間は。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-14 09:19 | 日常