ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


<   2016年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

離れても仲のいい人

去年の秋、近所の親しい友人が、関東の方に引っ越しました。
子供たちが小さい頃、一緒に子供会の役員をして以来の縁です。

思い返すと、昔からの友人とは別に、母親同士、子供の悩みを
打ち明けたり、自分の悩みを聞いてもらったりしていた。
また、本や漫画の好きな人だったので、よく面白そうな本を教
えてくれたり。

年に2,3回、ランチするだけでしたが、離れてみて、彼女の
存在は大きかったなぁ、と感じています。

この前、その人から、突然の贈り物が。

鎌倉宮の厄除けの獅子です。
私や子供たちのことを案じてのことと思います。

きれいな朱色とユーモラスな顔立ちが気に入り、早速、飾って
ます。
彼女とは、また会えるような気がする。
いや、会いに行こうと思う。


d0339331_11172119.jpg




















[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-30 12:44 | 日常

ストールぴんがほしい!

ストールぴんていうのかな。
カーディガンや羽織り物の、前をとめるぴんがほしいな~と
探していたところ、おしゃれなセレクトショップに、いいのが
ありました。

安全ピン(といっても真鍮のような色)に、簡単なビーズや石が
ついてるだけのぴんです。

これなら私でも作れそう、と帰宅してがさごそと、かつてはま
ったビーズの道具入れを探すと、あるある。たくさんのビーズ
とパーツ類。はだかのぴんもある。

で、ちゃちゃっと作ってみました。


両端の金色の平べったいのは、すごく気に入って買ったけど、
長年お蔵入りでした。
あまりデコラティブでない方が、使い勝手いいはずです。

d0339331_09130864.jpg





















[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-30 09:21 | handmade

映画はゆりかご・・「ティファニーで朝食を」

d0339331_17365748.jpg

















今朝は、懐かしい映画を見てきました。
「ティファニーで朝食を」

若い頃、ちょろっと見たことのある、有名作品ですが、改めて見てみると
えっこんな話だったの?という内容でした。
オードリーヘップバーンはやせてて、美しくて、いつ見てもおしゃれで。

洋服ってちょっと時間たつと、古くささが目立つのに、ヘップバーンの
衣装は何年経とうと古びない、永遠のスタンダードです。

お話は、ニューヨークで野良猫のように気ままに暮らす女と、小説を書け
ずに裕福なマダムの愛人として生きる男のラブストーリーですが、内容的
には、ヘップバーン演じるホリーにあまり共感できない部分もあり、これ
を基にして、松嶋菜々子のやまとなでしこってドラマはできたのかな、と
思いました。
ただ、共感できない女性にしても、都会の片隅で、必死で自分を励ましな
がら生きてる姿には、ほろっとさせられます。
ヘップバーンの演技力と、にじみ出る品の良さがこの映画を支えている。
ジョージペパードの好演も光ります。

冒頭の、ティファニーの前でパンをかじるシーン。
画面に彼女が登場しただけで、映画に引き込まれ、日常の私は、どっかに
吹っ飛んでいきました。
もし、他の人がこの役を演じたならば、何とも、はすっぱな品のない女性
になったことでしょう。

午前十時の映画祭、と銘打った、この企画。
今年は、旅情、追憶、ドクトル・ジバゴ、ゲッタウェイ、めまい等、盛り
だくさん。
特に、ゲッタウェイは、前に見た時、スティーブマックイーンのかっこよ
さとアリマッグローの美しさに、圧倒されました。
監督はサムペキンパー、ぜひ、もう一度スクリーンで堪能したい作品です。

他にも、モンパルナスの灯や砂の器、成瀬巳喜男の浮雲は、見たいと思い
つつまだ見てなかったので、まじ楽しみです。

値段も1,100円で安いし、今年はちょくちょく行きたいと思ってます。
1,100円で現実逃避ができる、映画ってありがたい!



[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-29 18:23 | 映画 ドラマ 音楽 本など

パターンを見つけるのにひと苦労

手作りが好き、と言っても、洋裁の腕はさほどでもなく、
本を見ながらテキトーに作っている。
それで一番頭を悩ますのが、パターン問題。

大抵、生地は先に買ってるので、この生地を生かしつつ、
どのデザインにしようか、と悩む。この段階は楽しいひと
とき。
手持ちの本を全部出してみたり、本屋に出かけて探したり。

モデルさんが着用した写真を見て、いいなぁこのデザイン、
と気に入り、作り方のページを見て、よしこれなら私にも
縫えそうだ、となったら本を買う。
後は、パターンを写し取って、裁断して、縫っていく。

さて、いざ着てみると自分に似合わない、というのがまま
ある。
そもそもデザインが自分に合っていなかったという場合。
モデルさんはやせててスタイルいいし、何でも似合うので
あてにならない。

生地とデザインが合わない、こともある。
この生地にこのデザインなら合うんじゃ?と思っていても、
実際には思ってたより張りのある仕上がりになったり、ギャ
ザーがうまいこと出なかったりする。

この前作った、タックワンピースも、なんかモデルさんが
着てたのと随分違う気が・・

今さらほどいて縫い直すこともできないので、カーデを羽
織ったり、ショールを巻いたり、工夫して着るつもり。
それでだめなら、スカートに直そうと思っている。

去年作った、市松模様のチュニックも、やっぱり割烹着み
たいで着られないので、丈を短くして、ブラウスにするこ
とにしました。
ついでに、袖のタックがもたつくので、ほどいてギャザー
にするつもり。

初めから、単純なデザインにしておけばよかったのかな。
いやいや試行錯誤も大切って、イチローが言ってた。

もしかすると、デザインを決めてから、生地を買えばいい
のか?
しかしそれじゃ、生地を選ぶ楽しみがなくなってしまう。

自分に合ったパターンを見つける、ってなかなか難しいこ
とです。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-24 20:04 | handmade

夏のくつ下

夏といえばサンダル、裸足ではくのもいいけど、汗でべたべたするの
がちょっと苦手。

そこでサンダル用のくつ下の登場です。
トング用のもの、かかとだけあいたもの、甲の部分だけのもの、など
色々ありますね。

私は、指先だけがあいてて、甲やかかとは覆われたデザインがお気に
入りなんですが、最近なかなか見かけない。
それなら・・・手持ちのくつ下をリメイク(?)して、それっぽい物を
作ってみました。


d0339331_21091755.jpg

















くつ下を用意。長めで、生地はしっかりしたものがよい。
(切りっぱなしなので、生地がしっかりしていたらほつれない)
はき口のゴムもしっかりしたゴムの方がよい。

くつ下の、はき口とかかとの部分を使うので、方向を変えます。
(つま先部分は使いません)
くつ下のつま先部分の方を、はさみで切ります。
切り口はくるんと自然に丸まるので、切りっぱなしでOK。


d0339331_21093579.jpg

















切り口から足を入れ、はき口(だったところ)から指を出して、はきます。


d0339331_21095245.jpg

















実際にはくと、こんな感じ。
これだと、汗でべたべたせず、快適。で、指がちょこっと見えるので
夏仕様。

ぜひお試しあれ。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-24 09:52 | handmade

ずぼらなガーデニング~春の迎仙閣~

長崎は今日はくもりのち雨模様。
朝からどうしようか迷ったけど、小雨の中を、古賀地区にある
日本庭園、迎仙閣に行って来ました。
迎仙閣は、戦後に作られた回遊式の日本庭園で、春と秋の、年
に2回だけ一般公開されています。

ちょうど今頃は、平戸つつじが満開のはずです。
JR肥前古賀駅から歩いて5分、さすが植木の里、途中の庭々
も、いろんな木や花が目に鮮やか。
係の人に、ごゆっくりどうぞ、と言われて、中に入ると、予想
どおりつつじは満開、もみじやまゆみの新緑がまぶしい。
落葉樹だけでなく、まきなどの常緑樹がバランスよく配置され、
石灯籠あり、いい感じの東屋あり、堂々とした造りです。
庭の向こうに見える行仙嶽は、今日は雨に煙ってよく見えない。

順路に従って、苔むした石段を下り、水の音に導かれて、池に
たどり着くと、たくさんの鯉が泳いでいる。
上の方とはまた違った、森のような静かな庭。どっちかという
と、私はこっちの方が好き。
一番奥の東屋に、ゆっくり腰をおろして、鯉を眺めていると、
見た事もないような大きな鯉が・・
まるで別世界にいるようです。

春は、今日と明日だけの一般公開。無理して来てよかった。

秋には、たくさんの落葉樹の紅葉が楽しめます。


d0339331_21103998.jpg

















見事な大灯籠。
右側に刻まれた「迎仙閣」の名前は、庭の背後に控える小高い山、
行仙嶽を借景にした庭なので、それを迎えるという意味だそう。



d0339331_21102181.jpg

















古賀地区の名産である平戸つつじの大木が出迎えてくれます。


d0339331_21093021.jpg

















東屋から見た風景。静かです。


d0339331_21090917.jpg

















大きな池には、大鯉がわんさか。勢いよく泳いでいます。
係の方の話では、自然繁殖でここまで増えたのだとか。


d0339331_21085154.jpg


























高浜虚子の句碑がありました。吉井勇の歌も残っています。


d0339331_21094606.jpg

















苔むした階段。小路の脇には、苔とともに、つわややつでが自然に
茂っています。こんな風に見せるには、相当な手入れが必要ですが
憧れの庭です。


d0339331_21100474.jpg

















敷地には、梅の木もたくさん植えられています。どの木も鈴なり・・




[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-23 23:17 | ずぼらなガーデニング

がまずみの花、2つ。


d0339331_20474259.jpg

















d0339331_20480988.jpg


















がまずみの花が咲きました。今年は2つだけ。
つぶつぶの真っ白な花、清楚で、花期も短い。
がまずみは、花もきれいですが、秋には赤い実をつけます。常緑のつやの
ある葉も美しい。芋虫の発生には気をつけて、時々、木酢液をまくなどし
ていますが、あまり手がかからないわりに、楽しみの多い低木です。

こぼれるように派手に咲く花もきれいだけど、最近はこういうひっそりと
した花が好きです。





d0339331_20483021.jpg


















そしてこちらは、1房だけのつつじ。
日当たりが悪いので、これだけしか咲かないんです。
街路のつつじは、今が花盛り、どばーっと咲いてますが、たまにはこんな
のもいいもんです。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-22 07:49 | ずぼらなガーデニング

みかん山散策

今日のウォーキング(犬の散歩)は、またまたみかん山に行きました。
みかんの花はまだ咲いていませんが、ここも春らんまんで、あぜ道
は、何て名前なのか、紫や白や黄色の雑草の花盛り。

竹林の方へ下っていくと、竹林独特の薄暗いような荘厳な涼しい風
が吹き抜けていきます。
d0339331_13301634.jpg



















あちこちに、たけのこ発見。あんまり、掘りに来る人がいないんで
しょうか?
d0339331_13303296.jpg



















あまりに薄暗くて、ちょっと怖くなり、引き返してくると、何の木
なのか、プルーンみたいな実を見つけました。
食べられるのかな。
d0339331_13310572.jpg



















遠くでうぐいすが、ホーホケキョと鳴いています。山育ちのせいか
山へ来るとほっとします。週に一度のリセットです。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-19 08:07 | 日常

チェック風の紬からタックワンピース


リサイクルショップで見つけた、チェック風の紬の着物から
タックワンピースを作りました。ところどころに花紋が織り
出してあります。

少し張りのある生地で、色目とチェック風の柄行が洋服向き。
実は、一目見た時から、コートかワンピースにと考えていま
した。

柄合わせに四苦八苦し、久々のきちんと袖付けをクリアし、
やっとできて着てみると、なんか自分に似合わない・・
フェミニンな感じがするのかな~
でも、着ますよ。せっかく縫ったんだから。

d0339331_13530314.jpg




























ベトナム土産のストールと合わせたり、カーデを羽織ったり
して着るつもり。
d0339331_13533971.jpg






























[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-17 20:05 | handmade

ビビリーヌの年中行事

今日の午前中は、ビビの狂犬病の注射に行って来ました。

先週は4ヶ月ぶりにシャンプーし、さらさら、ふわふわの美犬
になって、準備万端この日を待っていました。
(ビビのシャンプーは3月、7月、11月の年に3回です)

この日は毎年、朝から憂うつです。
車にキャリーケースを設置し(これがまた大きくて)、二男と2人
がかりでキャリーケースにビビを乗せて行きます。
ビビは、車もキャリーケースも病院も大嫌いなので、車を見た時
からもう過呼吸が始まります。
大丈夫よ~すぐ終わるからね~と声をかけながら、病院に到着。

よかった、今日は他のワンちゃんたちはいません。ラッキー。
ビビは、人も犬も苦手なので、他の犬がいると、そこで大騒ぎに
なるのです。ばたついて、大暴れで、逃げ出そうとする。
(いなくても大暴れですが)
その間もずっと過呼吸、尻尾はだらん。

先生に呼ばれて、診察室に入ると、今日はすばやく2人がかりで
押さえつけてるすきに、先生が大急ぎでお尻のところに注射。
今日はいっぺんでうまくいきましたが、いつもは、診察室の中を
逃げ回ったり、抵抗したりするビビを捕まえて、下手するとすり
傷だらけになるので、2人とも長袖長ズボンの完全装備です。
押さえつけてるときに、うんちをしてしまうことも。

それはまるで、野生のシカとか、イノシシとか捕まえようとして、
悪戦苦闘する、みたいな図です。

注射が終わったら、ビビは喉をゲホゲホ言わせながら、ぐいぐい
と二男を引っ張って、先に車に逃げ帰り。
ビビが去った後は、抜け毛がぶわーっと舞い上がって・・

待合室の他のワンちゃんと飼い主さんは、この大騒ぎの一部始終
をポカンと見ている。

私は、フィラリアの薬をもらい、お金を払って、また、過呼吸の
ビビを車で連れて帰ります。絶対2人必要です。

家族以外になつかず、病院に来るたびに大暴れするビビですが、
先生は、いつも、
~家族に愛されてれば、○○ちゃんは幸せですよ~
と言ってくれます。

これが、ビビの、年に一度の恒例行事です。
朝からどっと疲れる。
まぁ、一番疲れてるのは、ビビなんですけどね。
小屋の中でぐったりしています。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-04-16 21:58 | ビビリーヌ(びびり犬)