ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


<   2015年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧

肌断食6

肌の乾燥は気になるものの、
仕事も忙しく、
日本シリーズで忙しく
ワセリンで様子を見ていました。

ほんとはホホバオイルとか
お店に見に行きたいな~
と思いつつ。

そしたら、生協のカタログに
ハーバーのスクアランオイルが
載っている。

なんとタイムリーな!

早速注文。
しかもお試し用で500円ほど。
安っ!
オイルは何でも安いですものね。

若い頃、30代の頃、
このオイル使ったことあるんです。

その時は、さらっとしたオイルなのに、
なんかべたべたする気がして、
気持ち悪かったのですが。

あの頃とは、だいぶ状況も
変わってます。

1滴てのひらに垂らしてみると、
さらっとして、なじみがいい。

時を同じくして、会社の同僚に
ワセリン使いづらい、と訴えたら、
プロペト分けてくれました。

私が使っているワセリンより
のびがよくて、使いやすいです。

結局、オイルを1滴つけたり、
プロペトをちょびっとつけたりして
しのいでいます。

この前、雨模様で、
少しじめじめした日があり、
その時は、乾燥を感じませんでした。

やはり、天気や湿度の影響
受けやすくなってる、
ちょっとバリア機能落ちてるのかな・・

でも気にしてるのは自分だけ。
人はおばさんの顔なんて
見てませんから。

また様子見、です。
















[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-31 14:47 | 肌断食

祝!ホークス日本一

日本シリーズのあてが外れ、
ぽかんと予定のない週末です。

終わってみれば、4勝1敗、
圧倒的な勝利だったかもしれません。

もう、20年以上前になりますか、
ヤクルト黄金時代の
日本シリーズを思い出します。

黄金期の西武と何度か
会いまみえたと思いますが、

森監督と野村監督。
捕手出身同志の名将対決です。

記憶に残るすばらしい日本シリーズ
でしたね~。

真中監督は野村さんの教えを受けた人。
 
きっと、いいチームを作って
また日本シリーズに出てくるでしょう。

山田や石川の悔しそうな顔も
忘れられません。

とはいえ、ホークスの強さは
すきがなかった。

内川がいなくても、
柳田が不調でも、
どうということはない。

他にいっぱい優れた選手が
いるのです。

資金力の豊富さのおかげかも?
いや、根本さん、王さんと
チームの礎を築いた人たちの
おかげです。

ファンとしては、
西武の黄金時代や、
巨人のV9みたいに
まい進してほしい。

でも、一強五弱では、
野球界全体として、
面白くないですかね~











[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-31 14:21 | 運動おんちですがスポーツ好き

ずぼらなガーデニング~落ち葉は宝物~

うちの庭は、L字型の細い路地庭です。

そのL字に排水用の溝があり、
その溝には、秋になると、
落葉樹の落ち葉がどんどん溜まります。

ほったらかしにしていたら、
排水がつまってきたので、
掃除をすると・・・

落ち葉はいつの間にか、
腐葉土になっていました。

スコップでひとすくいするごとに
腐葉土のいい匂い~
ミミズが勢いよく躍ります。

自然界に無駄な物は何もない。

ミミズごとすくって、
落葉樹の根元にすきこめば、
栄養など特別なことはしなくていい、
みたいです。

もともと、山に自然にある木ですから。

以前、土壌の改良にと、
エゴノキの根元に、石灰をまきました。

そしたら、翌年の芽吹きの時、
いつもより、緑色が濃いような。

その緑色の荒々しさが
気にかかっていて・・
花の時期になっても、一向に
花は咲きません。

よくわからずに、
石灰などまいたせいです。

それから、3年ほど、
緑の濃さと花は咲かない、
という状態は続きました。

4年目に、あの白い小花が咲いた時の
うれしさったら。

余計なことは何もしない方がいい、
と悟りました。

と同時に、自然の回復力に敬服。

それからは、夏場の水やりと、
落ち葉を根元に集めるだけです。

ずぼらなガーデニング。
それでも充分元気にしています。




[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-31 10:35 | ずぼらなガーデニング

ドラマ64(ロクヨン) 

今年の春ごろ、
なにげに見始めたドラマです。

ピエール瀧は最近ドラマづいてるなぁ
警察の話か・・
てな感じでした。

重いテーマなので、
見ようかどうしようか、
迷う気持ちもありました。

でも、見てよかった!
よくできたミステリーでした。

ストーリーにまず驚きです。
よくこんな結末思いついたな、
と原作者に感心。

途中、マスコミとの駆け引きに
フラストレーションがたまり。
でも、このもやもやが必要だった。

キャスティングも絶妙だった
と思います。

主役のピエール瀧は不器用ながら
体当たりの演技。
木村佳乃、美しすぎる。
段田安則は安定した演技力。
尾美としのりには舌を巻きました。

一番印象深いのは、柴田恭兵。

重苦しい展開の中、
彼だけが軽やかで、
まるで一服の清涼剤。

若い頃、あぶない刑事シリーズで
ちゃらい役を演じていましたが、
その軽さとは、また別物で。

不思議な役者さんです。

音楽も効果的でした。
朝ドラあまちゃんの作曲家です。

ドラマを見て、結末を知ってるので、
映画は見ないかな・・

近年、まれに見る秀作です。







[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-29 17:56 | 映画 ドラマ 音楽 本など

下町ロケット応援団2

第2回、まぁまぁでした。

なんか、半沢直樹風の演出で
ちょっと微妙です。

個人的には、
阿部ちゃんが、
様々な選択を迫られて、
会社のため、従業員のため、
さんざん悩む場面がよかった。

ボーリングで決めようとしたり、
独りごと言いながらお酒飲んだり。

どっちかに決めなくてはならない、
という社長の苦しさを
阿部ちゃんは熱く、軽やかに
演じています。

阿部ちゃんの歳で、軽やかに・・
というのはとても難しいと思う。
さすがです。

安田顕は、そんな阿部ちゃんの、
苦悩をさりげなく支えている。

こんな同志がいてくれたら、
心強いでしょうね。

人は岐路に立った時、
どうやって決断していくのか。
興味深いです。

できれば、派手な演出は控えて、
地味に、普通に作ってほしい。

人の特許を盗もうとする会社との
裁判劇は見てのお楽しみ~





[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-29 07:57 | 映画 ドラマ 音楽 本など

ホークス2勝だけど・・複雑

ホークス2勝。
ホークスファンとしては、
最高のスタートですが・・

ヤクルトはプレッシャーのためか、
経験が無いせいなのか、重苦しく、
いつもの力が出ていない。

点差以上に、じわじわと、
押し切られた感じです。

先発小川の、
ピッチャー交代の時に見せた
あの悔しそうな顔。

イ・デホに打たれた球を、
悔やんでいたのでしょうか。

小さい体で、重圧を背負って
よくやってると思います。

もう一度登板してほしいな。

ホームに帰るので、
気持ちを切り替えて!

こういう時こそ、松田のように、
空気に流されない明るさで、
みんなを盛り上げる人が必要です。

ホークスもアウェイでどうなるか
わかりませんけど、
お互い、いい試合をしてほしい。

ガチンコ勝負で7戦まで!

そういえば、1時間ごとのBSニュース。
今そのニュース必要ですか?
みたいなニュースをひとつ伝える。

アクセントなんですかね・・

あ、羽生さん、王座堅守。
とてつもなく大きな壁がある。








[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-27 07:40 | 運動おんちですがスポーツ好き

下町ロケット応援団~

この秋一番の、目玉となるドラマが
始まりました。

池井戸潤原作、直木賞受賞作。
大看板をかかげ、
豪華キャストを引き連れて。

阿部ちゃん主演なので、
見ようと思ってました。

や~面白かったです。第1回。

今回は、銀行員が主役ではなく、
こつこつと技術を追求してきた
町工場が舞台です。

それだけで、力入ります!

まず、阿部ちゃんがすばらしいのは、
言わずもがな。

安田顕は相変わらず、いい役者。
北野武の映画でも存在感出してました。

驚きは、弁護士役の恵。
すごいはまり役です。
しかも、ストーリー上、
重要な役割を担っていて、
頼もしく、痛快な存在です。

対する大企業の社長に杉良太郎、めずらし~
部長に吉川晃司。

なんか大きい人たち(阿部ちゃんも含め)って
見栄えがいいなぁ・・

思えば・・
FIFA御用達のホィッスルや、
痛くない注射針を作ったのも
町工場でした。

小説やドラマ以上に、
町工場の人々の技術が
生活のいろんなところに
あるんでしょう。

私は、自分が社長だったら、
どうしたろう?
お金に目がくらむんじゃ?

自分たちの技術を信じて、
戦うことができるのか?

という目線で見てます。

話は、見てのお楽しみ~











[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-26 08:33 | 映画 ドラマ 音楽 本など

ずぼらなガーデニング~がまずみの実~

今年は、がまずみの実が結構残っています。
あまり、鳥に食べられず。

この木は、山もみじの根締めとして、
植木屋さんが植えてくれました。

大きくて、つややかな深緑の葉。
初夏には白い粒々の清楚な花を咲かせます。

山に自然に生えているような木を!
植木屋さんに伝えていた、
イメージ通りの木でした。

ところが、ある日ふと見ると、
たくさんの黒い芋虫が、
葉という葉に群がって、
美味しそうに、むしゃむしゃと
食べているのです。

芋虫の大量発生です。
あっという間に、丸裸にされそうな
勢いでした。

粒状の殺虫剤を根元にまこうか、
と思いましたが、
殺虫剤には嫌な経験がありました。

以前、山茶花にチャドクガがわいて、
粒状の殺虫剤をまいたところ、
あっという間に退治できたけど、
その後、木が弱り、
毎年チャドクガの大量発生に
悩んだのです。

結局、土壌の改良をしないと
根本的な虫よけにはならない、
と痛感しました。

一旦、餌となっている葉を全部切り落とし、
木酢液を根元に、根気よくまき続けたら・・
(といっても、週末にまくだけです)

翌年から、芋虫はわくけど、
段々と量が減っていき、
2、3年したらすっかりいなくなりました。

その後、初めて赤い実をつけたので、
ほんとにびっくりしたものです。

実をつける品種だったのか!

少し扁平型のチェリーレッドの実。

この木がますます好きになりました。
(今でも、心配して、時々木酢液をやります)

本で調べると、うちのとは少し葉の感じが
違うようですが、色々種類があるのかも。

思えば、こういうつややかな葉っぱは
いかにも、芋虫が好きそうです。

d0339331_22111648.jpg




















[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-25 08:27 | ずぼらなガーデニング

日本シリーズ見ながら~

今日の日本シリーズに備え、
ビールとかチーズとかチョコとか刺身とか
買い出し済ませてます。

長崎は近海魚が豊富なので、
朝から、ぶりの切り身を購入。
刺身に切ってスタンバイ。

ひゅ~五郎丸の始球式。
民放の解説はマエケンと秋山。
BSは小久保さんです。
さすが日本シリーズ、
ビッグネームを呼んでます。

BSの音声の方が、実際のヤフドの雰囲気に
近いかな。

今日はお祭りなので、
もうビール2本目です。

武田も石川も緊張ながら、
無難な立ち上り。

山田は凡退、柳田はヒット。
う~ん、この二人の調子は、
注目です。

おや、柳田はやっぱり故障の影響?
CSの時も感じましたが、
足がちょっと本調子じゃない?

がっぷりよつの、いい試合見たいです。
まずは、先発が7回ぐらいまで試合を作って、
チャンスを逃さぬように。

さて、勝利の行方は?

昼のフィギュアスケート、
ジェイソンブラウンの演技、
素晴らしかった!



[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-24 19:25 | 運動おんちですがスポーツ好き

ずぼらなガーデニング~紅葉の季節~

北の方から紅葉前線下ってきてます。

九州は、山間部をのぞいて、
まだまだのようですが。

うちの猫の額ほどの庭でも、
かすかながら、その兆候が・・・

ヒメシャラです。

この木は、庭を造り始めた頃、
自分で植えました。

隣に、大きめのエゴノキを植えたので、
似たような落葉樹が並び、
失敗したな・・と思ったものです。

根締めに、ぎぼうしとつつじを。

隣のエゴノキはすくすく成長したのに
このヒメシャラは、なかなか育ちません。
真っ白の可憐な、と言われる花も
咲いたことありません。

栄養をすべて隣に取られているよう。

あまり変化がないせいか、
気にも留めないまま、
十数年経ちました。

ところが、今年の初夏、
ちぎったティッシュのような白い物が、
いっぱい地面に散らばっていて、
何だろうと、ふと見上げると、
たくさんの白い花を咲かせていました。

始めて見るヒメシャラの花でした。
時間かかったけど、
やっと成熟したんだな~と思いました。

改めてよく見ると、
幹も少し太くなっていて、
葉もよく茂っていました。
大器晩成型ですね。

落葉樹は、自分の葉を落として、
その栄養で、翌年また芽吹く。

何の栄養もやらなかったのに、
植物ってほんとにえらい!

そうやって、花が咲いた後
何となく、この木に目が行くようになり、
すると、紅葉していることに
気づいたのです。

毎年、紅葉していたのに、
無視していたのかもしれない。

今まで、見過ごしてきたこと、
いっぱいあるような気がしています。

d0339331_23283064.jpg





[PR]
by tapestry15913 | 2015-10-24 16:20 | ずぼらなガーデニング