ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


カテゴリ:ベトナム( 11 )

ベトナムお土産編♪

PPバンドでかごバッグを作っている知り合いに頼まれ、かごバッグを
いろいろ探し回りました。

色も柄も多彩、日本で見るのより派手で楽しい!
しかしよく見ると、所々作りが雑で、切れ端がぴんと出てたり、編みが
甘かったり。
やはり日本人の作った物がいちばん丁寧でしょ。

d0339331_09224333.jpg

d0339331_09220674.jpg

































d0339331_09213035.jpg

















d0339331_09204082.jpg

















d0339331_09205458.jpg




















自分用にはこれを買いました。近場の旅行とか温泉とかに持ってこ♪
d0339331_09321923.jpg





















刺繍のバッグをなでしこ会のみんなに。着物を着たときのバッグにちょうど
良さそうだと思いまして。

d0339331_10573762.jpg




















麻の袋。猫はちょっとぶすっぽい表情がかわいい、犬はハンサムな
シルエットがすてき。
d0339331_11074071.jpg


















d0339331_11072713.jpg


















d0339331_11071247.jpg




















定番の刺繍の額絵も。

d0339331_11092489.jpg























[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-14 09:36 | ベトナム

ベトナム旅行~必需品を振り返る

  ベトナム旅行から帰ってきて、本当に必要だったもの、そうでも
  ないもの、不要なもの、色々まとめておきます。

衣服       
         ホーチミンは真夏の格好でOK、日差し対策に長袖の薄い
         カディガンは必需品だった。

         冬のハノイは予想以上に冷え込み、セーターとコンパ
         クトダウンではしのげないほど。かと言って、分厚い
         アウターは荷物になるので、かさばらないヒートテック
         の下着類を仕込んでいった方がよかった。

虫よけシール   
         クチトンネル用に用意したが、蚊を見かけなかった。
         第一、白人の人たちはタンクトップに短パンという
         いでたち。なーんだ。
         中部のジャングルクルーズの時には必要らしい。

のど飴、マスク  
         大気汚染対策に、人からすすめられて持参。喉が弱い
         方だけど、うがいをしていたら、さして気にならなか
         った。確かにすごいほこりと汚れではありますが。

日焼どめ     
         最後まで迷って結局持参。肌断食をしているので、
         クチトンネルの日だけ使った。
         強い日差しだったが、長崎の夏と変わらない気がした。
         普段、長崎では真夏でもパウダーだけで、日焼どめを
         ぬらないが、ホーチミンでは日焼どめにパウダリー、
         帽子をかぶり、薄いカーディガンを羽織っていた。
         ただものすごく暑くて、すぐに汗で流れたかもしれない。
         ホーチミン滞在が長いなら、持ってた方がいいかな。

オイル、プロペトなど
         ほこりがひどいので、毎日石鹸で顔を洗うことになり、
         自然とオイルやプロペトを塗りました。(朝のみ)
         ホーチミンは暑くて、化粧水欲しかった。

溶けるティッシュ
         ホテル以外のトイレはペーパーがあったりなかったり。
         それに拭いた後のペーパーを横のごみ箱に捨てるみたい
         だった。(日本人的には???)
         水流が弱くて、溶けるティッシュでも流れない感じ・・
         私は水流がある程度強いときは流し、弱いときはごみ箱。
         溶けるティッシュは必需品だろう。
         置いてあるペーパーを使う気にならないという口コミを
         見たが、私は気にならず使った。

ウェットティッッシュ
         あまり潔癖でないが、それでもレストランや観光地では
         トイレの便座が汚くて、一拭きするのに使用。
         また、食事の時もおしぼりがあったりなかったりなので、
         お手拭きとして使用。
         
         
スーツケース  
         自分のは小さいので3,4泊用の息子のを借りた。
         でもお土産などで荷物が増え、もっと大きめがよかったと
         思う。
         それと、スーツケースにベルトは必需品。
         荷物はパンパンでふたが開くんじゃないかとひやひやした。
         (外国の空港は扱いが粗雑なので)
         できればベルトは派手で目立つものがよい。もしくは、
         スーツケースを一目で自分の物とわかる派手な色柄にした
         ほうがよかった。息子のは青、よくある色なので、何度か
         間違えられそうになった。

レインコート
         100円均一で購入した使い捨てのかっぱ。
         ハノイでは小雨に見舞われ、持って行って助かった。
         捨ててもいいように、100均で十分。
  

スリッパ
         ホテルでのくつろぎ用に持参したが、ホテルに置いてあった。
         いいホテルだとスリッパやガウン、アメニティはあるみたい。
         でもシャンプー類は日本人には合わないとガイドさんが言って
         いた。人それぞれでしょう。


  とまぁ、こんなとこでしょうか。
  ベトナム行きの皆様のご参考になれば幸いです。


[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-07 17:12 | ベトナム

ベトナム5日目~さよならハノイ

広々としたダブルの部屋。落ち着いた調度品。窓からはハノイ市街地を
一望。
朝目覚めると、ビュッフェで好きな物を食べ、家事も仕事もしなくていい、
こんな生活とも今日でお別れです。

今朝もフォーと和食の朝食をとり、ハノイ空港へ移動、台湾経由で博多に
帰ります。フォーはホントに美味しかった。

昨日から、長崎は大雪で大変なことになっている模様。
家族はどうしているのやら?仕事はどうなってる?
でも、旅行の間は携帯の電源も切ってたので、まったくわかりません。
博多までは飛行機が飛びそうですが、その後は、博多に着いてから状況
次第で博多にもう一泊、かもしれません。JRも高速も×みたいですし。

仕事のことは、全部保留にしてあって、戻ったら早速てんてこまいが待ってる
だろうけど、そんなことどうにかなるさ、って楽観的に思えます。
ベトナムに来て、カルチャーギャップを見て、命の洗濯をして、頭が空っぽ
になった気分です。

やはり旅はいいですね~。

50を過ぎて、まだまだ仕事や家事に忙しく、時間に追われる毎日だけど、
時には旅行をして、また空っぽになりたい。

バイクの大渋滞や寒かったハロン湾、地元の人で賑わう市場も田園風景も
頭の中のビデオムービーにしっかり録画されています。

さよならベトナム、さよなら非日常。




ニッコーハノイのダブルの部屋。バスタブは深さがあり、トイレもシャワーつき。
日本人のスタッフもいて安心して泊まれる。
d0339331_08202188.jpg



















窓からハノイの街を一望、パラソル屋根はサーカスみたいです。
d0339331_13551641.jpg



















ベトナムはもうすぐお正月、桃の花を飾るそうです。空港のお土産屋さんで。
d0339331_14025420.jpg



















[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-02 07:34 | ベトナム

ベトナム4日目~極寒のハロン湾クルーズ

ハノイの宿泊先はホテルニッコーハノイです。
夕べ、ホテルに入って、まず暖房が嬉しかった!
日本では当たり前のことが、こんなに有り難いなんて。

快適に朝を迎え、朝食ビュッフェに行くと、みそ汁も白ご飯もたんと
そろってます。和食党なので、迷わずご飯とみそ汁、納豆と卵焼き。
フォーもあります。これは後で食べるとして。毎食、食べ過ぎの感は
ありますが、折角の旅だし、自分を甘やかしてもいいよね。

今日は楽しみにしてたハロン湾クルーズ。
しかし、今朝は雨模様。実は昨日はクルーズが中止になり、今日のも
危ぶまれていました。
バスで片道4時間の道のりは決して楽ではないし、あの寒いバスを思うと
身が縮みます。4時間かけて行って中止では辛すぎる。

でも、午後から天気も回復予定ということで、予定通り出発しました。

寒い!バスはやはりしんしんと冷え切っています。ありったけの服を着こんで
きたけど、それでも寒い。トイレ休憩は1回のみ。途中で行きたくなったら
また野生のトイレらしい・・

やっとの思いでハロン湾到着。吹きさらしの港は体感5℃くらい。黙って立って
るのがつらい。でもクルーズはあるようで一安心、小雨のぱらつく中、船に乗り
込みました。

みなすぐにお酒を注文し、船の中で昼食です。
体を温めようとワインを飲み、ちょっと落ち着いて。

世界遺産ハロン湾は石灰岩でできた1600もの島々が岩のようにそそり立ち、
海の桂林とも呼ばれているそうです。
もし、天気のいい日だったら、さぞかし晴れ晴れと美しい光景が広がっていたと
思います。

ご飯を食べてるうちに少し暖房がきいてきました。
島の一つに上陸し、ティエンクン洞窟を見学。また寒い・・

帰りはまた4時間の道のりです。途中、トイレ休憩を兼ねて、行きにも立ち寄った
刺繍工場でお土産購入。私は、刺繍の額絵とごまやピーナッツのお菓子を買いました。
ちょっと試食したら、これがすごく美味しかったんです。それからフォーも家用に。
毎度のことですが、ホテル以外のトイレは、便座が冷たくて、ひゃーと震えあがる
ほど。
帰りのバスは、ホントに具合が悪くなるほどの寒さでした。血の気が失せたと
いうか。みんな一言もしゃべらず、ガタガタ震えていました。
分厚いアウターは荷物になるので持って来れないけど、かさばらないヒートテック
を何枚か持って来ればよかった。

一旦ホテルに戻って、バスタブで数分足湯をし、やっと生き返りました。
ベトナム最後の夜は、日本食レストランだそうです。
あまり期待してなかったのですが、思いのほか本格的でおいしかった、
疲れた体にしみた。今宵は梅酒を飲みました。ほろ酔い~


たくさんのクルーズ船。出航できてよかった~
d0339331_11063159.jpg



















何とかいう岩。鳥だったかな?
d0339331_11085423.jpg




















鍾乳洞の中は結構広かった。
d0339331_11091195.jpg

















d0339331_11160659.jpg


















刺繍工場では実際に女工さんたちが刺繍をしています。このたくさんの
糸の中から選ぶんでしょうね。ハンドメイド好きは興味津々。
d0339331_11061429.jpg














[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-31 22:46 | ベトナム

ベトナム3日目~ハノイ観光

ベトナム3日目、今日は午前中に飛行機でハノイに移動します。
共産党の行事があるとかで、意外と厳しいセキュリティチェック。
そうそう、ベトナムに来て、共産国だという事をはじめて知りました。

ハノイ空港で、男性のガイドさんと合流。
あれ?北部では男性はよく働くのかな。日本語もお上手で、時折おやじギャグも
ねじこんできます。

中華風の昼食後、ホーチミン廟や一柱寺などを見て回りました。
ハノイに着いて、まず感じた寒さ。風もあるので体感5℃くらい。
九州と全然変わらない。ツアーの皆さんもそこまで防寒対策してないなくて、
ガタガタ震えながらの観光です。
もっと分厚いアウターが必要だった(でも荷物になるしね・・)

外も寒いのですが、レストランでもバスの中もすごく寒いのです。ここまで
気温が下がるのは10年ぶりぐらいらしく、暖房の設備がないようです。

その後、ベトナムらしい市場を見学に行きました。
ホーチミンのベンタン市場もすごい熱気でしたが、こちらは寒いので熱気より
活気、様々な食材、ごみも人もいっしょくた、すさまじい匂い。

夕食までは、ホアンキエム湖周辺で自由行動に。
与えられた時間は1時間弱、思い切って1人でショッピングエリアの方へ行って
みました。
道に迷ったあげく、「あじさい」というお土産ショップ(こぎれいなお店です)に
たどり着きましたが、何も買わずに慌てて引き返して、みんなと合流。
とにかく道を渡るのに四苦八苦、バイクにひかれなくてよかった~

夕食はベトナム風フランス料理、美味しかったです。
あまりの寒さにサイゴンビールはやめて、ワインでほっこり暖まりました。
あ~寒かった。


ホーチミン廟と一柱寺。寒くて寒くて・・
d0339331_08190013.jpg
















d0339331_08191430.jpg




















こういうとこの食材は日本人におすすめしません、お腹こわします、とガイドさん。
ここではありませんが、映画「ラマン」の舞台の中華街を思い出します。
あの映画は泣けました。そういえば、ホーチミンの博物館にラマンの英語の本
売ってありました。人々のノンラー姿もベトナムらしい。
d0339331_08194097.jpg


















d0339331_08195397.jpg





















[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-30 23:23 | ベトナム

ベトナム2日目~クチトンネルとホーチミン観光

今日は朝からクチトンネルに出発。
ベトナム戦争時代にアメリカ軍を翻弄したといわれる巨大地下トンネルだそう。
実際にトンネルの中に入れるようになっている。

広いところに入ってみたが、それでも中腰で進まなければならず、少しきつい。
他のトンネルはもっと狭く、とても入れないし、ほふく前進は必至。
大柄な白人はとても入れないし、入っても迷子になるだろう。

昼ご飯は、ベトナム料理。生春巻きとフォー!
食べたかったのよね~。どちらもとても美味しくて。

昼食後、戦争博物館や統一会堂などを見学。
夕方にドンコイ通り散策。

本当はもっとゆっくりお店めぐりしたかったのに、ツアーのつらさ・・
大急ぎでお土産買って、おしまいでした。

夕食の前に、ホテル近くのベンタン市場を数人で散策。
かごバッグを見に出かけたのですが、もうすごい匂いと熱気と人出。
まさにアジアの雑踏です。潔癖な人にはちょっと無理かも。
ここで、かごバッグ購入。

夕食は伝統楽器の演奏を聞きながら、海鮮料理をいただきました。
とにかく暑いのでビールがうまい。
またサイゴンビールで酔っ払い、2日目も更けていく・・

ホーチミンでは女性のガイドさんで、彼女の話がとても興味深かったので
ご紹介します。

この日、クチトンネルまでのバス道中、トイレ休憩はなく、もし行きたい人
には野生のトイレ紹介します、だそうで。とうとう来たか、って感じ。
女性にとっては・・・ですが、運よくお世話にならずに済みました。ほっ。

それから、ベトナムの国民の平均年齢はなんと、27,28歳らしいのです!
たしかに、年配の人をほとんど見かけません。

それともう一つ、ベトナム南部の男性はあまり働かないのだとか。
女性のひも的な感じ?
在ベトナムの日本企業の中には、女性しか雇わないところもあるそうで。

ホテルの近くの公園では、若い男性らが朝から音楽を鳴らしてダンスを踊って
いたので、仕事は?と不思議に思っていたけど、なるほどそういうことだったん
ですね。

仕事第一の日本の男性にとってはちょっとうらやましい?話でしょうか。

また、北部では、男の子を産まない女性はいじめられてひどい目に合うらしい。

国によって、生き方は様々です。



クチトンネルの狭い出入口、私だとこうはいかない。ベトナムの人は皆きゃしゃです。
d0339331_23394253.jpg



















伝統楽器を演奏する皆さん。海鮮料理もとても美味しくて大盛り上がり!
やっぱいいなぁ~アオザイ。
d0339331_23403582.jpg
















[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-30 00:34 | ベトナム

ベトナム1日目

早朝、ホテルから福岡空港へ向かいました。
台湾経由でホーチミンに入る予定です。

福岡はとても寒くて、ホーチミンは熱いとわかっていても、次のような
いでたちに。
    えり付きシャツ、セーター、コンパクトダウン、綿パン

台湾でまずコンパクトダウンを脱いでたたみ、セーターを腰に巻いて
シャツ姿になりました。

ホーチミンまで、座席の前のモニターで映画でも見ようと、アバターを選択。
リモコン操作でつまづいて、まごまごしていると、お隣のベトナム青年が
くすくす失笑(?)しながら、操作してくれて、アバター、スタート。

映画もちょうど終わった頃に、夕暮れのホーチミンに到着。
ふぅ~とうとうやってきました、ベトナム。
このシャツ姿でも暑いけど、中は下着のようなTシャツだったため、さすがに
脱げず我慢。

いやー蒸し暑いのなんの。空港は出迎えの人たちでごった返し、すごい熱気、
さすが南国ってかんじ。
何だか、ベトナム独特の匂いがします。

夕食のレストランでは、もう我慢できずにTシャツになりました。
機内食を入れるとこれで4食目。太りそうな予感・・
早速ベトナム料理をいただく、サイゴンビールとともに。日本のビールより
ちょっとうすく、ベトナムの香りがします。

ガイドさんは、ホテルのセーフティボックスに貴重品を入れない方がいい、と
言っている。
え?なんで?
従業員の清掃が入るからだそうです。

サイゴンビール2本目でほろ酔い。しあわせ~
こうして1日目は更けていきました。
d0339331_23211208.jpg


















街中のバイク渋滞・・うわさ通りです。
d0339331_23212834.jpg



















[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-28 23:31 | ベトナム

幻のトラベラーズチェックとパスポート

ベトナム旅行の準備をしていて、不思議に思ったのが、旅行会社から
送られてきた携行品の一覧表の中に、トラベラーズチェックのことが
書いてなかったこと。

20、30年前は確か、旅行するたびにトラベラーズチェックを購入して
いたはず。

どうなってんだ? 日本円で持って行っていいの?
前は、現金を持っていったら危ないので、小切手で、という話だった
のに。

またネットで調べてみたら・・2014年に販売終了している!

海外旅行から遠のいている間に、色々と事情が変わってきたんですね。
驚きです。

そういえば、息子が韓国に行った時も、
トラベラーズチェックって何? 円から換金すればいいんじゃ?
とか言われたような。

現金を持ち歩く危険性のことはどうなったんでしょうかね?
ツアコンの人に詳しく聞いてみよ。

今回、パスポートを久々に作ろうと、写真を撮りに行って、ショック・・
50代のおばさんがぼわーんと写っていました。

ほうれい線とか首のしわとか、何かの間違いかと思うほど。
私ってこんな? これはひどいよね?

でも息子たちは、良く撮れてるよとか、修正してあるんじゃ?とか言う。

納得いかずに、もう一度別の写真館で撮ってみたら・・・
もっとひどくなってて。

しぶしぶ先に撮った方で申請しました。

頭の中にある自分の脳内イメージ、多分30代のままで、極力写真に写らない
ようにしてるので、脳内イメージが上書きされてないんでしょう。
だから写真て嫌よ。

そういえば、と引き出しをガサゴソして、20代の頃のパスポートと比べてみたら
うら若い私が写っていました。
ほら~こんなんだったのよ~

だけど、今は受け入れられないこの写真たちも数年後には、若かったなぁ~と
なってお宝写真になるだろうから、大事にしとかなきゃです。

旅先でもあまり写真に写らない方がいいな、うん。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-20 07:52 | ベトナム

ベトナム旅行 準備万端?

ベトナム出発は早朝のため、博多に前泊することにしました。
早起きが苦手だし、長崎からぎりぎりで駆けつけるのも、ちょっとね。
それに博多で1人ゆっくり過ごしたい!

とりあえずネットで博多駅周辺のホテル調べてみました。
博多駅からすぐ近くで、スーツケースをごろごろ転がしてあんまり歩かずとも
よいホテル。
朝食は和食のあるホテル。根っから和食好きなので、ごはんと味噌汁がないと
元気をなくしてしまう。せめて出発の朝はごはんと味噌汁で。
それとできれば、温泉があるといいなぁ・・コスパよければもっと良し。

しかし、そんな都合のよいホテル、あるわけありません、というか、あっても
空いてません。

その日は仕事が終わってから、急いで荷物を持って、JRで博多入りするので
時間も遅い。
もう近くならなんでもいいや的に、次から次に探しましたが、6日前のこと、
どこもいっぱいで、泣きそうになりながら、やっと見つけました。

気がつけばもう夜中、あー疲れた。目が痛い。
ちょっとお高いけど、博多駅から直結のホテルセントラーザ博多。ゆっくり
1人の夜を過ごそうと思います。

これで準備万端整った?
本当はふらっと海外旅行に行きたいです。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-16 10:24 | ベトナム

ベトナム旅行 準備編

ベトナムに行くよ~とあちこちで話してたら、高校生の姪っ子が
修学旅行で先月ベトナム行ったらしい。

姪っ子はアレルギー体質なので、ベトナム料理を食べられなかった
けど、すごく楽しかったそう。

ベトナム行くなら、マスクは必需品、と教えてくれた。
1日で真っ黒になったとか。
日差しも強そうだし、肌断食中だけど、日焼け止め塗るか迷い中。

昔は、準備なんてほんとテキトーでした。
あまり情報もないので、行ったら何とかなるだろうとか、足りなければ
向こうで買おうとか、最低限の荷物で、着たきり雀で出かけたような。

泊まるホテルも行ってから探す、ことにしてたので、フィレンツェでは
なかなか見つからず冷や汗ものでした。その日、年に一度のお祭りが
あってたらしくて。

懐かしい大切な思い出です。

何着ていこうか、そのことが今は問題です。
寒い福岡から真夏のホーチミンに着くので、たためるコンパクトダウンを
購入、結構薄いんですね。寒がりなので、中にセーターとかヒートテック
を着こみ、ホーチミンでは次々脱いでいく。

翌日はホーチミン観光なので、麻のパンツとトップス、薄いカーディガン。

3日目、ハノイに移動、気温が低いらしいので、また初日の格好に戻る。
4日、五日目は、現地に合わせて微調整。これでよし。

日差し対策に、やはり日焼止め持っていくことにしました。
肌断食とは言え、焼けたら元も子もないですし。
あと、虫よけシール。今はこういうのがあるので便利です。

結局、最低限の荷物と思ってたけど、結構な荷物になりました。
本当はパスポートとお金さえあれば、何とかなるんでしょうけどね。

観光はアジアン雑貨を見るのが最大の楽しみ、生地も見たいです。
アオザイは作らないつもり。前にエジプトで民族衣装みたいのを
買いましたが、着る機会もなかったので。
ま、旅の勢いで買うこともあるかもですが。

一応、携行品リスト、作っておきます。次回の旅のために~

○着ていくもの   
          コンパクトダウン     
          セーター
          襟付き綿シャツ
          ストレッチ綿パン
          スニーカー
          斜め掛けバッグとスーツケース

○持っていくもの  
          麻のパンツとシャツ
          薄いカーディガン
          使い捨てレインコート
          レギンスパンツ
          下着類
          寝間着、スリッパ
          常備薬
          別の財布
          ワセリン(肌断食中なので)

○持っていくけど向こうでも買えそうなもの
          洗面道具
          虫よけシール
          日焼止め
          マスク
          水に溶けるティッシュ       

○必須       
          ※パスポート
          ※お金


こんなとこでしょうか。
後は、JRの切符と前泊のホテルの予約のみ。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-15 22:06 | ベトナム