ハンドメイドと布きれ、スポーツ観戦、犬、庭、きもの・・好奇心を大切にした日々の記録。
by tapestry15913
カテゴリ
全体
日常
handmade
ビビリーヌ(びびり犬)
映画 ドラマ 音楽 本など
きものみち
マニアック・・・
肌断食
運動おんちですがスポーツ好き
ずぼらなガーデニング
ベトナム
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
タグ
記事ランキング
画像一覧
ブログジャンル


カテゴリ:運動おんちですがスポーツ好き( 22 )

3姉妹のような卓球団体女子


連日、日本選手の活躍が続いています。
内村君はプレッシャーをはねのけ、見事、団体金を成し遂げ、個人総合も
金メダル獲得、団体は、さぞや重ぐるしい闘いだったと思います。
個人の方は、肩の荷が下りて、競技に集中できたのではないでしょうか。
最後の着地は鳥肌ものでした。
柔道もお家芸復活と言っていいくらいの快進撃。
競泳の金藤には感激の涙。よくあきらめずに続けてきたと思います。

その中で卓球シングルでは水谷が初のメダル、力が入りました。
3位決定戦の相手は、なんと40歳!オリンピックに出るだけでもすごい事
ですが、ベスト4に入るなんて・・6度目のオリンピックだそうです。
20年もの間、トップアスリートとして活躍するのは、メダルを取るより、
難しいことでしょう。

女子のシングルでは、石川佳純がまさかの初戦敗退、その相手と愛ちゃん
の3位決定戦も惜しくも敗退。愛ちゃん、神ってただけにほんとに残念。
さて、団体では15歳の伊藤美誠が登場。のびのびと強打を連発しています。

その卓球団体女子ですが、美誠ちゃんタイムの時に、愛ちゃんと石川佳純
が熱心にアドバイスしていて、男性コーチは何にも言わず見守ってる。
お姉ちゃんたちに任せてるんでしょうね。
愛ちゃん美誠ちゃんダブルスの時も、姉のように美誠ちゃんを気遣う愛ち
ゃん。12歳差だそうです。
しっかり者の愛ちゃん、エースの石川佳純、のびのびとした美誠ちゃん、
3姉妹のような3人の選手たちのコンビネーションは抜群です。

その予選の相手、ポーランドの選手だったと思いますが、右手上腕のない
選手でした。彼女はパラリンピックのメダリストだそうです。
サーブの時は、器用にひじのところにはさんでトスしてました。
いろんなアスリートがいますね。そういうのを見れるのも、オリンピック
の楽しみ。

それと男子800mのルディシャ。初めて見たのは世界陸上でしたが、あの
堂々としたオーラはただものじゃない。アフリカのマサイ族らしいです。
マサイ族と言えば、アフリカのアスリートたちも恐れる身体能力の高さ。
ルディシャには、王者の風格が漂います。年齢的にピークは過ぎてるけど、
決勝が楽しみ。

まだまだ熱戦が続きます。





[PR]
by tapestry15913 | 2016-08-15 11:34 | 運動おんちですがスポーツ好き

高校野球で思うこと


今、履正社VS横浜 の試合を見ています。
こういう甲子園常連の有名高校となると、日本中からいい選手を集めて
きて、野球部も100人を超えるような大所帯で、エース級のピッチャー
が3人くらいいる、のがふつう。

かたや、田舎の進学校で部員もそこそこ、進学校なので試験前は部活も
休みで、練習時間も限られている。
長崎で言えば、たとえば清峰高校、しかし清峰は何度も甲子園に出て、
春の選抜の準優勝経験もある。
そこには、指導者のたぐいまれな指導方法、練習法、があるはず。
同じ県民として、そこら辺、とても興味がありましたが、やはり効率の
よい練習や独創的な鍛え方をしてたようです。

数年前、その監督は、手腕を買われて、山梨学院の野球部監督に引き抜
かれ、今年、長崎商業と対戦しました。わずか数年で甲子園出場できる
なんて、やはりすご腕です。
この方、バリバリの強気な監督ではなく、すご~く控えめで謙虚な方。
長崎にいた頃のインタビューが記憶に残っています。

昔、若い頃、甲子園の試合をほとんど見ていましたが、特に好きなチー
ムはPL学園でした。
PLからたくさんのプロ選手が誕生している、PLの選手の中で、どの人が
プロで通用するか、その後の活躍を見るのも好きだった。

ところが、当時つきあっていた人から、
日本中からお金で集めた選手で勝利して、ずるいと思わないのか?
と言われたことが・・

たしかに正々堂々と闘うと言っても、同じ条件でも、平等でもないわけ
です。
エース級のピッチャーがいっぱいいるので、連投も避けられる。
練習環境も整備され、勉強なんか気にせず野球に専念できる。
激戦区にあるので、練習相手もよりどりみどり、こなす練習試合も半端
ないでしょう。

でも私は、健気にがんばる姿を求めてるわけじゃなく、将来プロで通用
する選手をさがしてるわけで・・
そしてその超高校級の選手が、プロで名を残す名選手になるのを見たい。
すごいプレイを見たい。

その時は、彼にそう反論できず、しばらくもやもやしてた。すごい昔の
ことですが(かなりしつこい性格で・・)

今年も、履正社と横浜のピッチャーは大会屈指の注目選手。
履正社の方は堂々と落ち着いた左腕、正統派です。
対する横浜は、2番手のピッチャー。履正社の左バッター対策のようです
が、2番手と思えないストレートのキレ。よそのチームなら、間違いなく
エースでしょう。大所帯は違います。

この中から、将来のプロを背負うようなピッチャーが現れるかもしれない。
その片鱗が見れないか、ドラフトも毎年見てる。

こんな風に不公平な条件で闘っているのに、たまに上位に進出してくるチ
ームがあります。チームワークの力で、波に乗って。

だからこそ面白いんじゃないかな、高校野球。












[PR]
by tapestry15913 | 2016-08-14 18:34 | 運動おんちですがスポーツ好き

萩野VS瀬戸 ずっとライバル


バタフライ400m決勝が、今終わりました。
萩野は見事、日本新で金メダル、瀬戸は銅メダルのダブル表彰台です。
萩野と瀬戸、小学生のころからのライバル、前回ロンドンは瀬戸は出場できず
涙をのみ、萩野は銅メダリストに。
瀬戸の、この4年間の努力が目に浮かびます。

萩野もけがを乗り越え、プレッシャーをはねのけ、金を逃さなかった。

昨日の予選では、萩野はまずまずの泳ぎ、瀬戸は信じられない速さで決勝進出。
ここら辺が五輪のむずかしいところです。

ぎりぎりの勝負をしなければならないし、予選は抑えていくといっても、油断
はできないし、どうすればいいのか・・
アスリートの皆さんは、ほんとにえらいと思います。

この2人の勝負、まだまだ続きます。

ともかく金メダル、銅メダル、おめでとうございます。

今、16歳の池江が決勝進出!
泳ぐたびに日本記録を更新しています。

星奈津美もバタフライ100mで自己ベスト更新。200mが楽しみです。
病気を克服しロンドンでメダル獲得した星。大好きな選手です。

長崎は何日雨が降ってないのか、からっからの猛暑が続いてます。
リオも徐々に熱くなってきました♪










[PR]
by tapestry15913 | 2016-08-07 10:30 | 運動おんちですがスポーツ好き

男子体操の予選にハラハラ


昨夜から早速、男子体操の予選が始まりました。
エースの内村君は長崎県の出身なので、まるでわが子のような気持ちで
応援してますが、予選から波乱含み・・

まずあん馬では、1人落下、吊り輪は小さなミスが続き、跳馬でも着地
ミスがありました。平行棒でも落下あり、鉄棒ではなんと内村君が落下、
床はみな無難にまとめ、何とか1位通過、決勝は床からスタートできる
そうでほっとしました。

あん馬から始まるのと、床からでは大きな違いがあるそうです。
あん馬といえば、内村君も今ではそつなくこなしていますが、初めての
五輪では2回落下して、息をのみました。それでも見事な挽回を見せ、
銀メダルを獲得したのはさすが。
そして前回ロンドンでは、個人の金、団体の銀、特に団体では最後まで
中国と競り合い、わずかにかわされて銀。
その時のコメントは、正直2位でも4位でも同じ、金だけを目指してや
ってきた、というもの。

今回のリオでは、個人は二の次、団体の金しか見えない、と公言してい
ます。
6種目全体を見ていると、最初のあん馬、吊り輪では、ひりひりした緊
張感がこちらに伝わるくらい。
跳馬で、リシャオペンをするっと決めてからようやく落ち着いたと思い
きや、鉄棒の落下、しかしその後は落ち着いたリカバリーでした。

今回は若手を引っ張る立場の内村君、金を期待され、金しか欲しくない
中で、金を取れるか、開き直って決勝に臨んでほしい。

また、跳馬と床に登場したひねり王子こと白井は、緊張もあるけど、ま
ずまずの演技、細かいところは修正してくると思います。

抜群の安定感を見せたのは加藤、トップバッターを任されることが多く
内村君同様オールラウンダーですが、メンタル半端ない強さでした。

さて、今朝起きると、重量挙げの三宅宏実が堂々の銅メダル獲得。
ロンドンに続いて2大会連続メダルは、ほんとに快挙です。
あのかわいらしいベビーフェイスが表彰台ではじけ、そっくりのお父さ
んも感無量。まさに親子鷹。
おめでとうございます!







[PR]
by tapestry15913 | 2016-08-07 10:06 | 運動おんちですがスポーツ好き

リオ開幕(^^♪


さぁ、リオ五輪開幕しました。朝からずっと開会式見てます。
毎回思いますが、いろんな国があり、いまだに初耳のような国名があり、
まだ植民地もあり、大柄な人や小柄な人、ほんとにアスリート?みたい
な太った人(ハンマー投げかウエイトリフティングかコーチか?)もいて。

スーツや民族衣装やミニワンピや、選手団のユニフォームも様々。
入場の仕方も、踊りながら来る人あり、パフォーマンスあり、お国柄が
出ますね~
色々入りまじって、スポーツの祭典の開幕です♪
日頃の野球中継も好きですが、オリンピックとサッカーWCは格別です。

普段ほとんど見ることのないレスリングは吉田沙保里の4連覇かかって
るし、地元出身内村君率いる体操男子、悲願の団体金なるか、シンクロ
も井村コーチ戻って復活のメダルなるか、フェンシングのママさん選手
も応援したいし、で、この時期、寝不足と戦いながら、体力の許す限り
の放送を見るつもり。

若い頃はまじですべての放送を見てたので、再放送の時間に急いで家事
をする、ほとんどひきこもり状態になってましたが、最近は寝ないと無
理で、抜粋したNHKデイリーハイライトを見てます。仕事もあるしね。
オリンピックはNHKのアナウンサーがいいです。競技のルールや選手に
ついての造詣が深い、さすがです。

開会式は予想通り、リオのカーニバル。事前のジカ熱騒ぎや、治安問題
五輪の準備不足などささやかれてましたが、やはり華やか、無事に開幕
できてよかった。

以前の開会式で記憶に残るのはアテネです。
アテネの時も、野良犬の狂犬病問題、工事中に遺跡発見で遅れに遅れた
メインスタジアムの建設問題、遅れてるのに昼寝はしっかり2時間。
自分からやりたいと手を上げたのに、やる気があるの?と言いたくなり
ましたが、いざふたを開けてみると・・

やはり歴史の蓄積のある国は違う。すばらしい開会式でした。
特にビヨークの歌は幻想的で胸に残っています。

これから、アスリートの皆さんたちの命を懸けた戦いが始まる。
4年に一度の数時間、数分間に全てを投じて。
期待とプレッシャーの中、メダル候補者たちがゾーンに入れるかどうか、
力を出せずに夢破れ、どんなコメントを残すのか、そこら辺が一番興味
深く、胸をつかまれる瞬間です。

熱狂の2週間。私は夏バテとのたたかいになりそう。









[PR]
by tapestry15913 | 2016-08-06 12:35 | 運動おんちですがスポーツ好き

ピンクのユニフォーム。


おとといの午後、野球でも見ようと、スポーツチャンネルに
すると、オリックスの選手たちが、皆ピンクに染まっている!

オリ姫デーとかで、女性ファンも選手たちもピンクのチェック
のユニフォームを着てるらしい。

毛深い外人も、色黒の猛者も、みなピンク💛
これが似合う人っているのかな?いや、いないでしょ。ほかの
チームでも思いつかないよ。
試合内容はそっちのけで、面白かったです。

きのうは、ブルーのチェック。
前日のピンクを見たせいか、ブルーのチェックはすんなり受け
入れられました。なかなかおしゃれです。

試合の方は、金子千尋、復活の無四球完封。
ここまで、好投しても報われずとか、後半力尽きとか、炎上?
とか、苦しいマウンドが続いていました。引っ張りすぎが原因
でしょうか。
本人も、心が折れそうになってたと思う。

よくぞ踏ん張って、エースの力投を見せてくれました。
ここから、金子と西で、オリックスを引っ張って、パリーグを
盛り上げてほしいです。

金子の好投の中、ふと思ったのですが、金子は特に、ブルーの
チェックが似合っていた。
色白でつるんとした顔立ちと、すらっとスタイルいいせいかな。

金子だったら、ピンクのチェックもいけるんじゃないか?と、
不謹慎にも想像してしまいました。

ともかく、金子おめでとう。ペナントレースはこれからです。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-05-01 12:42 | 運動おんちですがスポーツ好き

極寒?の中ホークス開幕戦を落とす

長崎は寒の戻りで、昨日も今朝も凍えるような寒さ。昼間の晴天が暖かい
だけに一層こたえます。
長崎でこの寒さなんだから、仙台はさぞかし寒いだろう・・
そんな中、おとといプロ野球が開幕。
我がホークスは、摂津が炎上し、打線も振るわず、開幕戦を落としました。

ま、長いシーズンのたったの1試合、何の影響もありませんが、昨日も、
引き分けで勝てず、となると、いささか不満も・・

野球フリークの息子たちは、さっき、コボスタは寒いのに何でドームにし
ないのか、とか、寒いのはどっちも同じ条件でそういう言い訳は通用しな
いとか、言い合いをしています。
そこまで白熱しなくても、と思うくらいひどい言い争い。

大体この2人は、開幕前に去年のデータをもとに、各チームの主力選手の
今年の成績を予想して書き出していました。各タイトルは誰それ、数字は
これこれ。去年の数字も、その前の成績も、主な選手だったら即答できる
ほど。
そこまでする?
私は何となく、全体的に把握しながらぼんやりと見るのが好きです。とい
うか、それしかできない。50過ぎて、数字とか覚えられない。

そういえば、亡くなった父は、野球が好きで、ひいきのチームが負けると
とたんに機嫌が悪くなるので、家族は嫌な思いをしていたのを思い出しま
した。これも血筋でしょうか。

ちょっと息子たちと距離を置こう。
野球はまだ開幕したばかり、ぼちぼちいきましょ。




[PR]
by tapestry15913 | 2016-03-27 14:12 | 運動おんちですがスポーツ好き

開幕戦といえば思い出す、落合監督デビュー戦

長いこと野球を見てきて、監督にとって開幕戦がいかに大事なもので、
またシーズンを占う上でその勝敗が重視されているか、特に新監督の
場合は言わずもがな。

何年だったか、落合博満の中日監督デビューの開幕戦は今でも、たくさん
の人の記憶に残っているに違いない。

落合が中日の監督になる!当時、私はそのニュースを知って、思った。
彼はすばらしい監督になるだろう、と。(広岡さんも予言していた)

彼が現役を引退して、週刊誌の野球コラムを連載していた時、毎回その
連載を楽しみにしていた。
鋭い観察眼でもって、野球全体をよく観察し、オリジナリティあふれる
自論を展開するので、読んでいてそりゃ面白かったのだ。
おそらく全ての球団をくまなく見て回ったんだろうなぁ、と感じられる
コラムだった。

なぜ1軍と2軍のキャンプを分けるのか?
選手のやる気をそぐだけじゃないか。自分だったら一緒にキャンプをやる。
キャンプの後、やる気のあるものを1軍に選ぶ。
みたいなことを書いていた。

それは自分自身をトップ選手へとレベルアップさせてきた実績、有名監督
の指導を断って独自の方法を見出してきた経験など、彼の頭の中にはいつも
監督のような物の見方、考え方があったのだろう。

それは型破りな方法論だったかもしれない。根本さんに「君が監督をする
ような時代になるよ」と言われた時、「私を監督にする物好きはいませんよ」
と答えたとか。

そんな落合の開幕戦。開幕投手はなんと!もとヤクルトの川崎投手。まじで?

川崎と言えば、ヤクルトで活躍し、高年俸で中日に移籍したものの、3年間
1度の登板もなく、中日ファンの嫌がらせでオールスターのファン投票1位に
なった、あの故障中?の川崎だ。

誰もが耳を疑ったに違いない。
いくら、実績のある投手とは言っても、3年間投げていない投手を使う?
いくら、ペナントレースは長くて最初の1試合で負けたとしても、長い目で
見れば何の影響もないだろう、とわかっていても、監督デビューの試合を
みすみす捨てるのか? ファンにどう思われるだろう。

確か、テレビ中継でも、解説の星野さんが、「こんなことしちゃいけない、
ファンをばかにしている」みたいなニュアンスのことを言っていた。

私はドキドキしながら、その試合を見守った。落合のすることには何か意味
があるのだろうと思っていた。

案の定、川崎は打ちこまれ、監督はマウンドへ。
そのシーンは今でもよく覚えているが、落合は、にこにこ笑顔でマウンドに
向かったのだった。
こんなシーン始めて。ピッチャーが打たれて監督がマウンドに行く時は大抵
厳しい表情をしているもの。後々、山本昌も、あの時は驚いた、と語っている。

落合と川崎は何かしゃべった後、川崎は降板となり・・
点差はついていたが、その後中日が逆転して、この試合を拾った。

後で、解説者の栗山さんが川崎投手に「マウンドで監督に何を言われたの?」
と尋ねたところ、「もっと投げたい?」と聞かれたそうだ。
川崎投手は、もういいです、と言ってマウンドを降りたとか。

その年に川崎は引退となり、あれだけの投手が、まだ若くてもったいない
気もしたが、開幕という花道を用意してもらって、けじめをつけたのかな。
思えば、彼は、私生活のごたごたで調子を崩していった感じがあり、本当に
気の毒だった。

しかし、ここ数年の懸案事項だった川崎問題にけりをつけ、この年のキャンプ
では、宣言通り、1,2軍の壁を取っ払ったキャンプを敢行。
就任早々に、選手の補強はしない、今ある戦力を底上げして戦う、と宣言、
実行した。

練習は相当に厳しかったらしい。
「この頃の選手は練習量が少ない、仕事なんだから」と何かの折に語っていた。
(王さんも、プロに入った頃、みんなの練習が少ないのに驚いたそうだ)

「野球に必要な身体は野球で作らなきゃ、筋トレから入ると故障につながる、
足りない部分だけ筋トレすればいい」とも。たしか、イチローは故障を防ぐ
ためのオリジナルのマシンを使っている。一流選手は独自の方法を見出して
いるものですね。

結局この年は、就任1年目で何の補強もせず、リーグ優勝を成し遂げた。
思えば、あの開幕戦で、にこにこ笑いながらマウンドに向かった時、のろしを
上げた瞬間だった。

オレ流、と言われる落合采配だが、やっていることは、しごくもっともで王道
だと思う。
新聞の切り抜きから紹介すると、①相手が嫌がる野球をしたい②1点を大事に
する野球をしたい③戦術面ではセオリーを大切にしたい④投手についてはコーチ
に任せたい などなど。
実際に、バッター出身ながら守り勝つというスタイルだし、投手コーチに任せて
ほとんど口は出さなかったらしい。ちなみにこの時のコーチは根本さん推薦の方。

王道を進むということは、独創的な道を歩むことなのだろう。

高校野球部の時代のエピソードから、プロボウラーを断念した頃、実業団を経て、
プロ入りしてからのビッグマウスぶりなど、話題に事欠かない。
奥さんもワイドショーを賑わしていたが、落合曰く、「落合博満という選手を
よく作ったなと思う」と評していた。

こんな人、もう現れないのかなぁ~
こういう人がいると、野球もますます楽しいんだけどなぁ~



[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-21 10:53 | 運動おんちですがスポーツ好き

オープン戦始まる!今年の選手名鑑を買わなきゃ。

今日からプロ野球オープン戦が始まる!というので、朝から息子たちが
ざわざわしています。
早速、選手名鑑を買いに行くらしい。

その気持ちよくわかる!
私も、ちょっと前までは、オープン戦が始まるとそわそわして、今年の
選手たちの様子や調子や調整具合や、チームの雰囲気をチェックするの
に忙しかった。
要するに、選手たちの調子をデータとして頭に入れ、試合観戦に役立て
たいわけです。

でも、数年前から、データが頭に入らなくなり、億劫になり、ただ試合を
楽しむだけ、になりました。
若い選手たちの細かい情報、私生活や去年までの成績なども、私より
息子たちの方が詳しくなり・・
この頃では、この人の去年の成績は?とか、盗塁どれぐらいできたっけ?
とか一々長男に聞く、その方が早い。長男は相当な野球おたくなので。

息子が買ってくる選手名鑑は、A4版の上等な紙質のやつで、選手のデータ
も、表やグラフを駆使して、見やすく詳しくなっております。

一方、私が銀行でもらってくる選手名鑑は、てのひらほどのコンパクト
タイプ。選手の出身、年俸、家族構成、前年の成績と通算成績などの情報を、
1人当たり3,4cmのスペースに写真付きでおさめている。

私にはこれで十分で、あれ、最近見ないと思ってたら引退してコーチに
なってるとか、いつの間にか結婚して子供もいるよとか、年俸思ったより
もらってるなぁとか、寝転んで読むのにも、わからないことをぱっと調べる
のにもちょうどよいサイズ。
ヤフドに試合見に行くときも、持っていきやすい。

さて、オープン戦ですが、ここで絶好調の選手は大抵シーズンうまくいか
ないわけで、あくまで調整期間。調整の仕方もスピードも人それぞれで、
一概には言えないけれど、体は仕上げてきてるので、身体のキレとか、
表情とかから、今年を占うことはできる。

また、新しい監督の指導や選手たちとの関わり方、練習方法などキャンプ
での様子なども、チームを占う上では大切な情報です。

今年は梨田さんが監督就任、楽天のチーム底上げに期待がかかる、楽天には
オコエもいますしね。
DeNAも新監督だし、昨年優勝のヤクルト、ソフトバンクの調子も気に
なります。

選手では、大谷が体重を増やしてレベルアップを狙うよう。
キャンプの様子、チラ見したけど、去年よりだいぶ体大きくなって、しかも
ピッチングフォームは柔らかく安定している。
大きくなった体を持て余してない、きちんとコントロールできてる。
試行錯誤しながら色々挑戦してるんですね。頭いい人です。

開幕まで1ヶ月ほど、昔ほど情熱はなくなったとはいえ、やはりわくわく
しながら、この時期を過ごしたい。

ちなみに昔の選手と監督のことなら、めっちゃ詳しいです。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-02-20 10:46 | 運動おんちですがスポーツ好き

ニューイヤー駅伝見ながら・・駅伝とマラソン

家族と元日のお雑煮、おせちが終わると、みなそれぞれの部屋へ。

私は、テレビを占領し、恒例のニューイヤー駅伝を見ながら、おせち
の残りや柿ピー、チーズをつまみながら、ビールをだらだら飲む、

というのが正月のパターンだったが、今年は風邪をひいたようで、
鼻水、くしゃみ、喉が痛いので、ビールを我慢してテレビを見ている。
新年早々、なんで風邪なんか・・

ニューイヤー駅伝や箱根駅伝に出る人たち、関係者には、お正月も
何もない。
すごいな~
中にはガンを克服して走っている人もいるらしい。
今年はリオを控えているので、その代表選手も含まれているに違いない。

ふと、以前何かで読んだ、記事を思い出した。
男子マラソンがメダルから遠のいているのは、箱根駅伝があるから・・

大学生は本当なら、距離を伸ばしてマラソンに挑戦していく時期なのに
箱根に出るのが目標となって、マラソン挑戦が遅れる、というもの。

なるほど、そういうことも関係しているのかな。

たしかに、女子は高校卒業後は次々とマラソンを視野に挑戦していく、
そして、最近は少し厳しいけれど、ちょっと前はメダルが取れていた。

もちろん、それだけが原因ではないだろうけど。

前にマラソン3回目ぐらいの若い外人選手が、あれよあれよと優勝、
ということがあったけど、その時瀬古さん(だったと思う)は、

若い、何もわからないうちに、怖いもの知らずでマラソンを走る
のも大切、
とおっしゃっていた。
歳をとると、だんだん怖くなってくるから、と。

42km走る、それは過酷なことだろうし。
そういう側面もあるかもしれない。

でも、箱根はもう、大きなブランドとなっていて、見ている方も
すごく楽しみにしているし、今さらやめられないだろう。

そんなことを考えながら、最終区間の激走を見ている。
明日は、早朝から箱根を見よう。

私の夢は、年末から箱根の強羅温泉に滞在して、2日、3日と
駅伝を生で応援することです。



[PR]
by tapestry15913 | 2016-01-01 14:17 | 運動おんちですがスポーツ好き